ペッシェドーロがよーいドンに!冷凍魚専門店は初耳!鮮魚より美味しなら買い!

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年5月8日のよーいドンで

となりの人間国宝さんが放送されます。

PESCE D’ORO(ペッシェドーロ)

宝塚の冷凍魚の専門店です。

ペッシェドーロの場所や口コミに

魚の値段がどれくらいなのか

気になったので調べてみました。

これで鮮魚と同じくらいなら

好きなタイミングで解凍すれば

いつでも美味しい状態で食べれるので

買いですね。

スポンサードリンク

ペッシェドーロがよーいドンに!

兵庫県宝塚市にあるという

ペッシェドーロのお店について

まとめてみました。

店名:PESCE D’ORO(ペッシェドーロ)

ジャンル:冷凍魚専門店

住所:兵庫県宝塚市川面5-4-11

℡:0797-85-3783


JR宝塚駅に直結している

ソリオ北ユニベールの1F北出口を

出てすぐ目の前にあるお店です。

鮮魚店のような長靴やゴムエプロン

氷などのイメージはここにはありません。

外装や内装はオシャレなカフェみたいです。

それもそのはず!

店舗の代表を務めるのは

1級建築士の飯田英二さんです。

建築士がデザインしたお店なので

オシャレに仕上がっているようです。

なぜ1級建築士が冷凍漁専門店を

しているのかは番組内で

詳しく説明してくれると思います。

実はペッシェドーロというお店は

中小企業庁主催の

全国創業スクール選手権で

大賞に輝いたという実績のあるお店です。

ペッシェドーロの意味ですが

イタリア語で黄金の魚を意味しています。

2018年2月にオープンしたお店は

メニューの中から商品を選ぶスタイルです。

スポンサードリンク

ペッシェドーロの冷凍魚専門店は初耳!鮮魚より美味しなら買い!

スーパーで魚を買う時は現物を見ますが

ペッシェドーロではメニューを見て

自分の買いたい魚を選ぶスタイルです。

冷凍庫にはハタハタやイカの干物などが

保管されているようですが

行くタイミングによっては

置いてある魚も変わっていそうですよね。

商品となる魚は高知県や島根県からの

直送だそうです。

おいしい瞬間で時間をストップ(冷凍)させ

保存料や添加物を使用していないという

商品の値段や口コミは

どうなっているのでしょうか?

気になったので調べてみました。

のどぐろの開き

750円(1尾)

アジの開き干し

650円(2尾)

ガーリックアジフライ

720円(2尾)

栗マロンカボチャの

生チョコブラウニー

350円

出典:https://pesce-doro.com/

スポンサードリンク

商品の口コミは?

初めていくお店は勇気がいるものです。

食べ物関係となると慎重にもなりますよね。

せっかくお金を出して買ったのに

美味しくない!なんてことになったら

ショックです。

なのでペッシェドーロのお店の口コミを

調べてみました。

テイクアウトの魚屋さん。

干物が中心だが

カツオのたたきもある。

ほかに、各地から取り寄せた

ソースやドレッシングなども販売。

イワシの干物とカツオのたたき

それぞれいただく。

とくにイワシの干物は食べごたえあり。

外観がまず魚屋さんには見えない

おっしゃれーな真っ白です(笑)

イマドキのカフェかな?

ベーカリーかな?って感じ。

スタッフさんも

どう見てもカフェが似合う女性です。

でも、テイクアウトの

お魚屋さんなのです。

知人に連れてきてもらいました。

私はかつおのタタキをいただきまして

高知からのものということで

やっぱりおいしかったです。

ほかにも干物とかたくさんあるようで

あじとかイカとかもあって

パッケージがなんとなくおしゃれです。

と高評価でした。

値段が少し高いという事で

気になった人もいるようですが

産地直送の美味しい魚となれば

仕方ないのかな?

という気がします。

スポンサードリンク

ペッシェドーロがよーいドンに!冷凍魚専門店は初耳!鮮魚より美味しなら買い!のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • ペッシェドーロがよーいドンに!
  • ペッシェドーロの冷凍魚専門店は初耳!
  • 鮮魚より美味しなら買い!商品の口コミは?

冷凍魚専門店がどんなものか気になりましたが

干物がメインで売られているんですね。

口コミにもありましたが

ソースやドレッシングにスイーツも

販売されているので

お買い物の選択肢の一つに入れても

良さそうですね。

冷凍魚専門店という事なので

日持ちもするので

今度見に行ってみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする