リチャードは鮨千陽の寿司職人!ハーフのイケメンが板前になった理由は?【mij】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年7月15日のメイドインジャパンで

リチャードさんが特集されます。

本名が辻村リチャード瑞貴といって

勤務先はミシュラン掲載店と紹介されますが

場所はどこかと思って調べると

鮨 千陽(すし ちはる)でした。

そのお店で寿司職人として日々精進する

ハーフのイケメン(画像)

板前になった理由について調べてみました。

スポンサードリンク

リチャードは鮨千陽の寿司職人!

日本のミシュラン掲載店で働く

スイス人と日本人のハーフ寿司職人である

リチャードさんについてプロフィール

分かる範囲でまとめてみました。

氏名:辻村リチャード瑞貴

年齢:27歳前後?

出身国:スイス

出身地:チューリッヒ

前職:徴兵軍人

現職:寿司職人

勤務先:鮨 千陽

リチャードさんは寿司職人として

努力をされていますが

もともとは京都の飲食店で

働いていたのですが

日本特有の教え方に悩んだそうです。

技は教えてもらうのではなく

見て盗むもの

というやつです。

料理の世界は甘くないと

覚悟をしていましたが

日にちばかりが過ぎて

焦りが生じたそうです。

そんな時に飲食人大学という

存在を知り和食の知識を

学ぼうと考えたのです。

スポンサードリンク

鮨 千陽ってどんなお店?

店名:鮨 千陽(すし ちはる)

電話:06-6450-8685

営業時間:ランチ 11:00~

ディナー 17:00~

定休日:不定休

予算:ランチ¥6,000円 ディナー¥8,000円

住所:大阪府大阪市福島区福島5-12-14コーポ福島1

リチャードさんが鮨千陽で

働いているといっても

いきなりここで働き始めたわけではないです。

飲食人大学という

料理人に必要な知識を学べるスクールで

3ヶ月みっちりと修業したそうです。

そしてこのスクールの紹介で

鮨千陽で働けるようになったようです。

このお店が何が凄いって

鮨千陽は3カ月の寿司学校(飲食人大学)の

卒業生と生徒だけで運営するお店です。

何年も修業した職人が!

というお店ではないにも関わらず

ミシュランに掲載されたのです。

そのストーリーが実は

本にもなっていました。

寿司修行3カ月でミシュランに載った理由 [ 宇都裕昭 ]

感想(0件)

堀江貴文さんが絶賛という事で

紹介されていました。

メイドインジャパンの番組は批判だらけ?

どんなコメントがあるのかまとめた記事はこちら

スポンサードリンク

リチャードはハーフのイケメンで板前になった理由は?

リチャードさんは

父親:スイス人

母親:日本人

の元に生まれたハーフです。

出典:https://www.nikkan.co.jp/

竹野内豊さんを思わせる風貌の

リチャードさんがイケメンだったので

Instagramをされていないか

調べてみたのですが

見つけることが出来ませんでした。

リチャードさんは21歳の時に

徴兵による軍歴があります。

軍に所属した後に

将来について思い悩んでいて

答えを知るために

旅に出て自分を探そうと決心します。

楽をしないために電車移動を選択し

最終目的地を自分のルーツである

日本に設定しました。

スイスはユーラシア大陸にあるので

中国までは陸続きでなおかつ

電車での移動が可能になっています。

そういったことも電車移動を

決心させたんでしょうね。

日本に辿り着いた後は

国内を北から南まで旅を続けている間に

和食文化について興味を持ちました。

和食を目と舌、五感で楽しむという

すばらしい文化と表現したリチャードさんは

スイスを含む世界の人に知ってもらいたいと

決心し料理人になると決めたのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする