高橋匠のマジック実力は?イベント、ショーの場所は?弟子になるには?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年3月18日に高橋匠さんが

テレビに初登場します。

高橋匠さんとはどんな人物で

マジック実力はどれくらいあるのか?

イベント、ショーの場所どこなのは?

高橋匠さんの弟子になるには?

気になること色々調べてみました。

スポンサードリンク

高橋匠のマジック実力は?

出典:https://www.narinari.com

高橋匠さんの実力を計る前に

どんな人物なのかさらっと

まとめてみました。

氏名:高橋 匠(たかはし たくみ)

生年月日:1993年9月27日

年齢:25歳(2019年3月現在)

職業:マジシャン

師匠:レナート・グリーン

この時点で高橋匠さんに

実力があることが分かる人は

相当なマジック好きですね。

というのも

高橋匠さんの師匠は

レナート・グリーンさんなので

世界最高峰のカードマジシャンなのです。

その世界最高峰のレナートグリーンさんに

教えてもらっている弟子が世界で

高橋匠さんただ一人なんです。

View this post on Instagram

Carlsten Fortress with the master 🖤

Takumi Takahashi / 高橋 匠さん(@takumi_takahashi_magic)がシェアした投稿 –

レナートグリーンさんのマジックを

小さいころに見た影響で

独学でマジックを勉強していました。

そしてその腕前をレナートグリーンさんに

披露するチャンスが訪れ

弟子になることが出来たのです。

スポンサードリンク

消えたトランプ、出たコイン

View this post on Instagram

Cards to Coins to Cards Filmed by @byron333

Takumi Takahashi / 高橋 匠さん(@takumi_takahashi_magic)がシェアした投稿 –


トランプを並べました。

次に何をするんだろう?

片付けてもう一度並べたら・・・

えっコイン?

どういうこと?

手に怪しい動きはありませんでしたが

トランプが何故かコインに変わりました。

きっと種があるんでしょうけど

この動画を見ていても

全く分かりませんでした。

これが世界最高峰といわれる

レナートグリーンさんが認めた

高橋匠さんの実力なんですね。

その実力も行うマジックによっては

レナートグリーンさんよりも

上手だというので

このまま鍛錬を積めば

世界最高峰の高橋匠という称号

が与えられるかもしれません。

スポンサードリンク

高橋匠のマジックのイベント、ショーの場所は?

この先に高橋匠さんがどこかの番組に

出演するのか?

イベントやショーに出演するのか?

そういった情報を調べてみました。

過去の出演した情報は

結構簡単に出てきたのですが

この先の出演者情報を

見つけることが出来ませんでした。

裏付けが取れたわけではないのですが

外国に行くという情報がありました。

師匠がレナートグリーンという

スウェーデンにいるマジシャンなので

海外で活動していても

おかしくはありません。

日本の事務所に所属しているのならば

スケジュールは細かく

発表されているんでしょうが

個人で活動するとなると

Twitterで発表するぐらいでしょうね。

高橋匠さんのSNSを見たのですが

英語で書かれているので

ショーやイベントの案内が

書かれていたとしても

私の英語力では理解できないです。

スポンサードリンク

高橋匠の弟子になるには?

高橋匠さんが小さいころに見た

レナートグリーンにあこがれを持ち

独学でマジックの腕を磨きました。

そして実力を付けたところで

レナートグリーンさんに弟子入りを

願い出て承諾してもらいました。

この流れを考えると

高橋匠さんに弟子入りをしようと思うと

一定の腕前になって認めてもらう

これしか方法はなさそうです。

高橋匠さんの弟子入りが実現すると

レナートグリーンさんの

孫弟子ということになりますね。

高橋匠のマジック実力は?イベント、ショーの場所は?弟子になるには?のまとめ

今回は次のようにまとめました。

  • 高橋匠のマジック実力は?
  • 高橋匠のマジックのイベント、ショーの場所は?
  • 高橋匠の弟子になるには?

25歳という若さながら

世界最高峰の指導者の教えを

受けれるというのはとても幸運ですよね。

その幸運も自分で引き寄せたものです。

今夜の放送でマジック対決をするわけですが

どちらが勝つのか結果が楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする