リチャード・ターナーの全盲の理由!マジック種明かしやテクニックの秘密は?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年3月18日に

リチャード・ターナーさんが

1番だけが知っているに出演します。

リチャードターナーさんは全盲なのですが

その理由とは?

マジック種明かしや盲目でもできる

テクニックの秘密は何なのかについて

調べてみました。

スポンサードリンク

リチャード・ターナーの全盲の理由!

出典:http://magicmore.net/

氏名:リチャード・ターナー

生年月日:1954年6月16日

年齢:64歳(2019年3月現在)

出身地:アメリカ サンディエゴ州

特技:空手

リチャードターナーさんは病気により

全盲となっていました。

猩紅熱(しょうこうねつ)と

呼ばれる伝染病の一つです。

盲目で有名な人にヘレン・ケラーも

この猩紅熱にかかり全盲となりました。

現在では猩紅熱とは言わず

溶連菌感染症と呼ばれています。

溶連菌はノドにすみつきやすい最近です。

ときには健康な人のノドにすみついて

なんの症状もなく過します

(健康保歯者)。

溶連菌には

毒力の強いものや弱いものや

いろいろのタイプがあります。

毒力の強い菌が人のノドについたり

毒力の弱いものでも

抵抗力のない人に感染したりすると

ノドに炎症をおこします。

猩紅熱は昔は恐ろしい病気でしたが

いまは抗生物質で簡単に治ります。

名前も溶連菌感染症ということが多く

猩紅熱といわなくなりました。

現在では生命をおびやかす

病気ではなくなってしまって

合併症が心配な病気

となっているのです。

ふじわら小児科

スポンサードリンク

失明の原因は猩紅熱ではない?

抗生物質のない時代は

とても恐ろしい病気でしたが

ペニシリンが開発されたことで

治療できる病気が増えました。

引用文の中には合併症が

心配という記述がありました。

リチャード・ターナーさんは猩紅熱から

合併症を起こしてしまい

バードショット網脈絡膜症

という病気になりました。

この病気は徐々に視力が失われ

やがて失明する病気です。

現在の医学であれば

リチャードターナーさんは

視力を失うことなく

今でも過ごせていたはずです。

そうなるとマジシャンとしての

リチャードターナーさんは

いなかったのかもしれませんね。

リチャード・ターナーのマジック種明かしやテクニックの秘密は?

マジックにはかならず種となるものが

存在しているわけですが

それが分からないから楽しいわけです。

けど、分からなければ分からないほど

種が気になりますよね。

マジックで検索すると

一緒にネタバレや種明かし

といったワードが浮上します。

マジックは楽しいけど

何故そんなことになるのか

みんな知りたいわけですよね。

なのでリチャードターナーさんの

マジックを解明した人がいないか

調べてみました。

マジックの種明かしについては
次のページで解説!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする