トム・エインズワースは京都ビアラボの茶ビール職人でオーストラリア人醸造家【ニッポンで元気】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月26日に放送される

うちの子ニッポンで元気ですか?に

トム・エインズワースさんという

京都ビアラボ茶ビール職人

登場します。

オーストラリア人醸造家(ブルワー)が

なぜ日本で日本茶×ビールという

新ジャンルを生み出そうと

思ったのでしょうか?

スポンサードリンク

トム・エインズワースは京都ビアラボの茶ビール職人でオーストラリア人醸造家

トム・エインズワースさんがいる

京都ビアラボは

JR京都駅に近い下京区十禅師町201-3に

あります。

京都ビアラボは2018年にオープンした

まだ新しいお店です。

その京都ビアラボで

トム・エインズワースさんは

自家醸造ビールである茶ビールを作っています。

しかも醸造所は店舗内にあるので

茶ビールを飲みながら

醸造しているところを楽しめる!?

京都ビアラボは

トム・エインズワースさんと

村岸秀和さんの共同経営者で

運営されています。

村岸秀和さんは茶ビールを発案した

人物ですが醸造家ではないので

委託醸造でやっていました。

委託醸造をいつまでも

続けるのではなく

自家醸造をしたいと考え醸造家を

探していた時に出会ったのが

トム・エインズワースさんだったのです。

スポンサードリンク
トム・エインズワースさんは

茶ビールを作るためにオーストラリアに帰国し

再び日本に戻ってきた時に

京都ビアラボを立ち上げたのです。

2018年3月23日から

自家醸造を開始し4月27日から

茶ビールを含め4種類の自家醸造ビールを

販売しました。

トム・エインズワースさんは大工仕事が

得意だったという事もあり

京都ビアラボの建築を手伝い

機械類の組み立てもしているので

手作りの京都ビアラボと言ってもいいと思います。

トム・エインズワースさんは

オーストラリア人で母国語が英語ですが

日本語の勉強をする機会があったので

とても上手にしゃべるそうなので

英語が出来なくても

トム・エインズワースさんと

コミュニケーションをとることが出来ます。

滋賀の方言も喋ることが出来るようなので

ひょっとすると会話を楽しんでいると

方言で喋りかけてくれるかもしれませんね。

トム・エインズワースさんは醸造家として

ビールを作っていますが

もう一つの顔があります。

それはドラマーの顔です。

11歳の頃からドラムを始めているので

年季としては立派なもの。

京都ビアラボがオープンしたころは

京都と大阪で4つのバンドを

掛け持ちをしていました。

トム・エインズワースさんが作る

茶ビールの口コミや通販の記事はこちら

スポンサードリンク

9月24日のうちの子ニッポンで元気ですか?

トム・エインズワースは京都ビアラボの茶ビール職人でオーストラリア人醸造家【ニッポンで元気】のまとめ

今回はオーストラリアの天才醸造家である

トム・エインズワースさんについて

まとめてみました。

トム・エインズワースさんが

日本茶 × ビール = 茶ビール

を作ったと思っていたのですが

発案者がまた別にいたんですね。

京都で話題になっているらしいので

一度飲みに行ってみたいです。

トム・エインズワースさんが作る

茶ビールの口コミや通販の記事はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする