村上一枝はCARA代表の歯科医!アフリカのマリでの活動は教育!女性が鍵【世界ナゼ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年5月27日に村上一枝さんが

CARA(カラ)代表として

世界ナゼそこに日本人に出演します。

歯科医としての収入の数千万円を

捨ててアフリカのマリで活動しています。

活動内容は主に教育ですが

女性が国を救う鍵

その結果が現在の慕われている

理由なのでしょうか?

スポンサードリンク

村上一枝はCARA代表の歯科医!

村上一枝さんはCARA代表とありますが

どんな人生を送ってこられたのでしょうか?

経歴をまとめてみました。

氏名:村上一枝

生年月日:1940年2月27日

年齢:79歳(2019年5月現在)

出身地:北海道

出身校:日本歯科大学歯学部

所属:特定非営利活動法人CARA

肩書:代表

所属のCARAについて調べてみました。

マリ共和国の首都に現地事務局があり

西アフリカの農村地域において

住民が明るい未来を持てるように

サポートをしています。

事業内容は

  • 水資源の確保
  • 保健衛生知識普及と病気予防
  • 教育の普及
  • 女性の生活改善
  • 環境保全
  • 所得の向上
  • その他、農村自立に寄与する活動

などです。

村上一枝さんは日本歯科大学を

卒業後は小児歯科の勉強をされた後に

開業されていました。

その開業中にマリを旅行している時に

ユイセフの活動を目の当たりにしたことで

自身も海外で支援をしたいという

気持ちが高まり私財を投げ打って

マリでの活動を始めたのです。

出典:http://www.ndu.ac.jp/

スポンサードリンク

マリ共和国ってどんなとこ?

村上一枝さんが活動している

マリ共和国について調べてみました。


国土面積:日本の約3.3倍

人口:1,799万人

首都:バマコ

公用語:フランス語

宗教:イスラム教

1920年にフランス植民地となり

1960年にマリ共和国として独立。

日本とも経済関係があり

対日輸出が約2000万円

対日輸入が約8.5億円です。

マリ共和国には

感染症危険情報は出ていませんが

国のほぼ全域に

退避勧告(危険レベル最高)

出されています。

理由の一つがテロによる危険です。

イスラム過激派組織の活動が

活発のようでマリ政府による統治が

及んでいない地域が多くあるようです。

それ以外にも部族間同士の対立

激化しています。

現時点では日本人に対するテロや誘拐は

発生していませんが他国の人には

被害が出ていることが確認されています。

参照元:日本国外務省

出典:https://www.mofa.go.jp/

マリでの活動の鍵がなぜ女性?
その理由は次のページで!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする