会田誠の経歴は?美術作品はR指定、取扱注意の作家の人物像とは?

スポンサーリンク

会田誠さんの講座でセクハラを受けたと

話題になっています。

そんな会田誠さんのの経歴について迫ってみると

美術作品はR指定、取扱注意の作家と

書かれているwebサイトを発見しました。

一体、どんな人なのか気になったので

調べてみました。

スポンサードリンク

会田誠の経歴は?

出典:https://numero.jp/

氏名:会田 誠(あいだ まこと)

生年月日:1965年10月4日(53歳 2019年2月時点)

出身地:新潟県

出身校:東京芸術大学 1989年卒

職業:芸術家

小さいころは授業中に走り回っていて

落ち着きがなかったそうです。

この状態は典型的なADHD(注意欠陥・多動性障害)の

症状ですよね。

本人自身が、「基本的にあきっぽくて、

同じ絵を繰り返し書くことはできない。」

と言っています。

東京芸術大学に在学中にレントゲン藝術研究所で

開催された「フォーチューンズ」で

本格的な活動を始めました。

ミヅマアートギャラリーでの個展を中心に

国内外で活動され『横浜トリエンナーレ2001』

などにも出品されています。

アーティストグループ『昭和40年会』に参加したり

若手の芸術家や学生をまとめ

自宅で『西荻ビエンナーレ』を

開催するなど幅広い活動をしています。

平面作品に限らず、映像作品の監督・出演

またフィギュアなどの制作もしています。

私生活では、2001年に現代美術家の岡田裕子さんと

谷中墓地で結婚式を挙げています。

スポンサードリンク

会田誠の美術作品はR指定、取扱注意の作家の人物像とは?

取扱注意と言われる理由は

会田誠さんの作品が次のようなものだからです。

美少女、エログロ、ロリコン、戦争、暴力

酒の賛美など、社会通念や道徳心に対する

反対意見を含み、人々の関心を強く

ひくような作品が多いです。

その作風から実際2012年12月に

森美術展で開催された個展は

性暴力に反対する市民団体から問題視され

女性の尊厳を傷付けていることなどが

取り合げられていました。

美術評論家の松岡久美子さんも

「欧米の美術館では決して許されない」

と疑問を呈しています。

森美術館側は

「われわれが作者の業績をたたえるためにも

網羅的に展示する必要があった」

と説明していました。

会田誠さんの作品は下の画像クリックで

別ページで見れます。

が、先ほど説明したような作風ですので、

見る方は自己責任でお願いします。

40代半ばを迎えた2010年頃から

センセーショナルな作風は好まなくなった。

と話されています。

スポンサードリンク

会田誠の経歴は?美術作品はR指定、取扱注意の作家の人物像とは?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 会田誠の経歴は?
  • 会田誠の美術作品はR指定、取扱注意の作家の人物像とは?

会田誠さんの経歴についてまとめてみましたが

確かに描写は過激なものが多かったです。

かといって、美術作品が性的描写なのかと聞かれると

それはまた違うよね~と答えます。

過激であるのは間違いないので

作品の展示にR指定がついたり

取扱注意の作家というレッテルが張られていても

美術作品としては完成度の高いものなので

それとこれは別問題かなと思いました。

自分で判断することが出来ない幼い人には

親がきちんと教えてあげなければいけないとは思います。

けれど大人は自分で見る見ないを決めれるのだから

不快になるのなら見なければいいだけだと

私は考えます。

わざわざ声を大にして批判する必要ないかと・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以下は会田誠さんの作品集となっています。

参考に貼らさせていただきました。

カリコリせんとや生まれけむ (幻冬舎文庫) [ 会田誠 ]

価格:648円
(2019/2/28 14:43時点)
感想(2件)

ジェローム神父/マルキ・ド・サド/澁澤龍彦/会田誠【1000円以上送料無料】

価格:1,512円
(2019/2/28 14:44時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする