ドリームダイエットの最新機器は何?寝て痩せるマシンの口コミは痛くない?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月21日にドリームダイエット

放送されます。

衣理クリニック表参道の片桐衣理先生が

最新機器であるトゥルースカルプ3d

エムスカルプトを使用するようです。

寝てるだけで痩せるマシンの

口コミや体験談を読むと

実は痛くない?施術できる場所は?

気になったことまとめてみました。

スポンサードリンク

ドリームダイエットの最新機器は何?

4人のカリスマトレーナーが

それぞれ挑戦者二人と共に

2ヶ月間のダイエットに挑戦します。

ダイエットできれば高額賞金が

もらえるとなると

動機としては十分ですよね。

ダイエットと言えば

筋トレ、運動、食事制限と言った

従来の方法ではなく

最新機器を使った新しいダイエットです。

聞くところによると

寝れいるだけで痩せれる効果が

あるそうです。

一体どんな機械なのか調べてみました。

トゥルスカルプ3D

太っているのは脂肪細胞が

沢山あるからですが

では痩せるにはその脂肪細胞が

無くなればいいんじゃね?

ということになります。

衣理クリニック表参道の

片桐衣理先生が使うトゥルスカルプ3Dは

日本初導入だそうで

この脂肪細胞を加熱する機械です。

加熱すると細胞が死滅するので

痩せることが出来るということです。

特徴は

施術の直後から効果を体験でき

リバウンドしにくいことです。

加熱するといっても

痛さや熱さを感じるほどではないようです。

スポンサードリンク

エムスカルプト

アメリカではもうすでにメジャーな

エムスカルプトは

筋肉をターゲットに働きかけ

痩せさせるものです。

この機械を30分間使えば

2万回の腹筋運動をしたのと同じだけの

効果が得られるのです。

仕組みとしてはこの機械が

体に振動を与え

筋肉は刺激を受けたことで増大、強化し

脂肪は振動を受けたことで

脂肪細胞が減っていくという物です。

筋肉が増える、脂肪は減る

⇒結果、痩せるということです。

施術をしてもらえる場所は?

片桐衣理先生の衣理クリニック表参道

についてまとめてみました。

名称:衣理クリニック表参道

℡:03-5786-1155(初診)

03-5786-0077(再診)

受付:10:00~19:00

休診日:日曜日、指定日

住所:東京都港区北青山3-5-30 入来ビル 4F/5F

ドリームダイエットの寝て痩せるマシンの口コミは痛くない?

お笑い芸人の千鳥・ノブさんが

最新マシンを体験した時の

感想が痛い!でした。

そんなに痛いなら

痩せたいと思う人が多くても

痛いことはしないと思うんですよね。

なので口コミを調べてみました。

スポンサードリンク

トゥルスカルプ3Dの口コミは・体験談は?

トゥルスカルプの1回目が終わり

そろそろ2回目を受けようという頃です。

体重も体脂肪率もまったく変わらないけど

お腹周りはゆるくなりました。

ガードルやキツかったパンツの布が

余った感じになり

他の服も楽に感じるので効果はあったと思います。

トゥルースカルプ3Dは

かなり熱いと感じました。

脂肪の量や人によって

感じかたは違うようでしたが

熱さに我慢が出来ず

何度もレベルを落としてもらいました。

口コミを調べてみると

熱いと感じる人がいるくらいで

痛みを訴える人はいませんでした。

トゥルースカルプ3Dを使用した時の

温度を調べたのですが

45度と言う記載をしているサイトがありました。

エムスカルプトの口コミ、体験談は?

エムスカルプトについての

口コミ・体験談をまとめると

痛いと表現する人がいてました。

エムスカルプトは

筋肉に刺激を与えるので

筋肉があればあるほど痛みが強いです。

だから千鳥・ノブさんは

痛がったいたのですね。

逆に言えば

エムスカルプトの施術を受けても

痛くないという事は

筋肉が足りていないということに

なりますね。

ドリームダイエットの最新機器は何?寝て痩せるマシンの口コミは痛くない?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • ドリームダイエットの最新機器は何?
    トゥルスカルプ3Dとエムスカルプト
  • 施術をしてもらえる場所は?
  • 寝て痩せるマシンの口コミは痛くない?

今までいろんなダイエット方法を

見てきましたけど

これが一番楽だと思いました。

寝てるだけで運動したことになって

痩せれるなんて

こんな素晴らしいことないですよね。

ネックは料金が高いということですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする