日本赤十字社の募金の怪しい噂とは?寄付の中抜き、社員の給料の真相は?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

大規模な災害が起きた時に

皆さんは被災地の人達を支援しなきゃ!

と思った時には

日本赤十字社への募金を一つの選択肢として

考えるのではないでしょうか?

ですがこれについて怪しい噂

付いて回っているのをご存知ですか?

寄付の中抜きや社員の給料

寄付金から出ているというのですが

その真相が気になったので

調べてみました。

日本赤十字社の募金の怪しい噂とは?寄付の中抜き、社員の給料の真相は?

大型で強い台風が接近しているので

日本のどこかで大きな被害が出そうなので

寄付金について調べていました。

すると関連する検索ワードのところに

日本赤十字社 募金 怪しい

という気になるワードが並んでいました。

日本赤十字は全幅の信頼をしていたので

疑うなんてことを

全く想定していませんでした。

いったいどんな内容なのか

まとめてみました。

スポンサードリンク

日赤の募金の噂の内容は?

日本赤十字社に働いていたという人から

今までの募金は集まった

3割しか募金として使われていなく

残りは日本赤十字社の運営資金となっている

YAHOO!JAPAN知恵袋

これら以外には

2011年6月2号で某週刊誌

日本赤十字社に関する記事を

書いたようです。

その内容を要点だけ書くと

  • 官僚の天下り先
  • 義援金が届くのが遅い
  • 官僚体質

という内容で

4ページにわたり書かれたようです。

といったような内容が

溢れているわけではありませんが

あちこちで書かれていました。

気になるのは

これらの噂に対する真相です。

この次でまとめてみました。

スポンサードリンク

噂の真相は?

寄付金とはまず一体何なのか

言葉の意味を考えてみました。

寄付金

事業の遂行に関係ない者に対する支出で

見返りを要求しない

金銭または物品の供与のこと

weblio

日本赤十字の活動は?

日本赤十字社の資金源は

会費や寄付を合わせたもので

活動資金として使われています。

東日本大震災ではこの資金源を元に

医療救護活動や救援物資の配分を

行ったそうです。

集まった資金を全額支援に回すと

日本赤十字社の運営が出来なくなります。

職員に給料を払わないといけないですしね。

過去の日本赤十字社の業務報告書によると

募金で集まった約8割は支援に

残り2割は管理費としているようです。

お金で支援することもあれば

物資で支援することもあり

日本赤十字社の運営費となるのが

寄付金の使われ方です。

スポンサードリンク

某週刊誌の記事に関しては?

日本赤十字社社長名で

某週刊誌社長宛てに抗議文を送付しています。

この結末に関して

調べたのですが残念ながら分かりませんでした。

謝罪があったのか

記事の訂正を行ったのか

その後の真相が気になるところです。

集めた寄付金の分配が遅い理由は?

遅いと批判を浴びたのは

東日本大震災での義援金の分配でした。

遅くなった理由は

日本赤十字が独自に分配するのではなく

厚労省に設置される

義援金配分割合決定委員会が決めて

被害に応じて分配するのです。

公平な分配を期すため

遅れたと当時の担当者が釈明していました。

スポンサードリンク

寄付を全額支援に使ってもらうには?

いろいろ書きましたが

寄付したら全額が

支援で使用されるわけではない。

ということです。

ではどうすればいいのかというと

答えは義援金です。

義援金であれば

大規模災害が発生した各自治体の

義援金配分委員会で協議のうえ

市町村を通じて被災者に

直接届けられるのです。

スポンサードリンク

日本赤十字の募金の怪しい噂とは?寄付の中抜き、社員の給料の真相は?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 日本赤十字の募金の怪しい噂とは?
  • 日本赤十字の活動は?
  • 某週刊誌の記事に関しては?
  • 集めた寄付金の分配が遅い理由は?
  • 寄付を全額支援に使ってもらうには?

寄付金と義援金の区別がつかず

一緒に考えていることから

このような噂が出回った感じがします。

被災者にお金を渡したい!

と思ったら寄付ではなく

義援金を送るようにしましょう!

その時の送り先は

信用ある団体でないと

どんな使われ方するのか分からないので

気を付けてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする