町田友潤【消えた天才】は甲子園の守備の名手で福祉会社の社長!引退理由に納得

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年8月11日の放送で

町田友潤(まちだともひろ)さんが

消えた天才に出演することが分かりました。

甲子園の守備の名手と言われていましたが

そのきっかけとなったプレー動画を

みましたが人気があったのに納得です。

高校卒業後はプロの道へ進まず

現在は福祉関連の仕事をしているようで

どこで働いているのか調べてみました。

その結果、静岡県にある

放課後等デイサービス【グリーピース】

という会社の社長をしていることが分かりました。

野球界を去りその後の今に至った

引退理由を調べると納得でした。

プロフィールを交えて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

町田友潤【消えた天才】は甲子園の守備の名手!

町田友潤さんは浅村栄斗(楽天)さんや

源田壮亮(西部)さんに絶賛されるほどの

実力ある野球選手でした。

一体どんな選手だったのか

簡単なプロフィールをまとめました。

氏名:町田友潤(まちだともひろ)

生年月日:1990年6月21日

年齢:29歳(2019年現在)

出身地:静岡県

出身校:常葉学園菊川高校

早稲田大学中退

身長:169㎝

ポジション:セカンド

町田友潤さんの実力を

見れる動画探してこれが一番わかりやすいと

思うものを紹介します。

町田友潤さんのプレー動画のまとめですが

これを見ればすごさが一目瞭然です。

その中でも私は1:52~の内容で

素人の私から見ても高校生で

こんなに素晴らしいプレーができるものなの?

と衝撃を受けました。

スポンサードリンク

町田友潤さんが守備で活躍すると

観客から大きな歓声が沸き上がっていました。

町田友潤さんの出身校は常葉菊川高校で

常葉菊川のセカンドという代名詞もあったようです。

町田友潤さんのプレーが余りにも凄いので

2008年の夏の甲子園決勝で

ABC放送の実況アナウンサーが

セカンドに打ってしまえば望みはありません

とコメントしていました。

そこまで言うほど

町田友潤さんの守備が凄かったのです。

町田友潤は福祉会社の社長!引退理由に納得

町田友潤さんは野球界から去った

その後の現在は

福祉関連の仕事をされていました。

その施設の情報をまとめました。

施設名称:グリーピース

業種:放課後等デイサービス

管理者:町田友潤

住所:静岡県浜松市浜北区小松4427

平成29年5月に開所したばかりの

とても新しい施設です。

町田友潤さんが放課後等デイサービスを

開所するきっかけとなったのは

高校野球で日本一になったことがきっかけでした。

地元菊川市に凱旋した時に

親子連れから記念写真を頼まれたのですが

子どもに障害があることに気付きました。

この出会いが人生の転機となり

次のように決意したのです。

自分が野球で勇気づけられているうちは

プレーで頑張り現役でなくなったら

そういう子どもたちに直接貢献できることをしたい

そう考えるようになったのです。

もし甲子園で優勝していなかったら

その親子に出会うことがなかったので

福祉会社を立ち上げることも

なかったのかもしれません。

この親子との出会いは本当に

町田友潤さんの人生を変える

大事なものになったのです。

スポンサードリンク

高校卒業後から福祉会社の社長になるまでは?

早稲田大学に進学し野球部に

入部していましたが

1年生の半ばで退部していました。

その理由は野球部特有の上下関係の

厳しさが合わなかったと言われています。

これはあくまでも噂なので

消えた天才の番組内で

このあたりの真相を語ってもらいたいですね。

野球部を退部した後は

結局は早稲田大学も中退してしまい

しばらくは暇を持て余していましたが

ヤマハ野球部に所属することができました。

しかし以前からの腰の問題が

悪化し野球選手として2013年に

引退を表明したのです。

スポンサードリンク

町田友潤【消えた天才】は甲子園の守備の名手で福祉会社の社長!引退理由に納得のまとめ

  • 町田友潤【消えた天才】は甲子園の守備の名手!
  • 高校卒業後から福祉会社の社長になるまでは?
  • 町田友潤は福祉会社の社長!引退理由に納得

町田友潤さんが野球界から去ってしまったのは

残念なことでした。

町田友潤さんを知る野球ファンは

同じように残念がっていて

野球ゲーム上でどうにか

復活させれないかと考えたようです。

けれど第2の人生を

楽しく過ごされているようですが

消えた天才の番組内で

どのように語ってくれるのかが

とても気になります。

最期までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする