小松原学は幻のストライカーで中澤佑二も絶賛!Jリーグから整骨院の真相は?【消えた天才】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年6月25日の消えた天才で

小松原学(こばつばらまなぶ)さんが

登場します。

この人物が誰かと思ったら

幻のストライカーとも言われ

中澤佑二さんや稲本潤一さんから

絶賛された人物です。

飛び級で代表入りした天才は

最年少記録のJリーグデビューも

22歳の若さで表舞台から去ります。

その後の現在はPass鍼灸整骨院

院長となりますが

引退した真相とは何だったのでしょうか?

スポンサードリンク

小松原学は幻のストライカーで中澤佑二も絶賛!Jリーグから整骨院の真相は?

稲本潤一さんや中澤佑二さんが

衝撃を受けたという小松原学さんは

一体どんな人物なのでしょうか?

まずはプロフィールをまとめてみました。

氏名:小松原 学(こまつばら まなぶ)

生年月日:1981年4月2日

年齢:38歳(2019年8月現在)

出身地:群馬県

所属クラブ歴

ベルマーレ平塚ユース(平塚学園高校)

1998年-2001年 ベルマーレ平塚/湘南ベルマーレ

2002年-2003年 ヴァンフォーレ甲府

2003年 FC湘南大磯

2004年-2005年 群馬FCホリコシ

2011年-2013年 渋川FCハヤブサイレブン

2016年 ブランデュー弘前F

4歳でサッカーをはじめ

小学2年生の時にはすでに

プロを意識していたようです。

中学生になると

ベルマーレ平塚(現湘南ベレマーレ)の

ジュニアユースに入団しました。

中学3年生ながら一つ上のカテゴリーである

U17日本代表に選ばれました。

ベルマーレ平塚のジュニアユースから

ベルマーレユースに昇格したことで

Jリーグの2種登録選手となりました。

そして1998年4月11日の

セレッソ大阪戦で17歳と9日という

当時のJリーグ最年少出場を記録したのです。

当時の貴重な動画が残っていました。

その実力のため

稲本潤一さんから次のように語ったのです。

「日韓W杯に一緒に出ると思っていた」

それほどの実力者は

何故引退となったのでしょうか?

スポンサードリンク

引退となった真相は?

1999~2000年は

20試合以上に出場し活躍を見せますが

2001年にはケガをしたこともあり

5試合の出場となっています。

その後は所属クラブ歴にあるように

所属先を転々としたことで

未完の大器と呼ばれました。

怪我で出場機会を失い

群馬FCホリコシ時代に

小松原学さんのホームページ上で

「プロとしてサッカーをするのは今年で最後にします」

と発表し

2005年に現役引退したのです。

Jリーグを去り整骨院の院長になるまで

サッカー選手を引退後は

ギャンブルで日銭を

稼ぐ時期があったとされていますが

6年かけて柔道整復師や

あん摩マッサージ指圧師の資格を

取得することが出来ました。

2012年に現在の仕事である

Pass鍼灸整骨院を群馬県で開院したのです。

小松原学さんが有名となったきっかけ

梅沢富美男さんを診たことです。

その事があり有名アイドルグループや

ケツメイシのツアーに同行

施術するようになりました。

小松原学さんは整骨院をする一方

少年サッカークラブを運営しています。

スポンサードリンク

8月25日の消えた天才

日韓W杯に一緒に出ると思っていた

と稲本潤一さんが語った

幻の天才ストライカーが今回登場。

飛び級で日本代表に選ばれるなどの

大活躍も数年でJリーグから

引退してしまった。

その真相を元日本代表・中澤佑二さんが

探ります。

小松原学は幻のストライカーで中澤佑二も絶賛!Jリーグから整骨院の真相は?【消えた天才】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 小松原学は幻のストライカーで中澤佑二も絶賛!
  • Jリーグから整骨院の真相は?
  • 8月25日の消えた天才

実力があっても怪我が原因で

引退を余儀なくされるのは

よくある話ですが

才能ある選手が去るのは

とても残念です。

小松原学さんは相当追い詰められていたことを

番組で告白するようですが

一体どんなことを明かすのかとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする