苗名滝(なえなたき)の場所はどこ?アクセス・駐車場までの行き方は?【秘境路線バス旅】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年8月3日の土曜スペシャルでは

秘境路線バス旅4ということで

中山秀征さんが旅をします。

長野県小川村から新潟県糸魚川市を

目指す道中に

知る人ぞ知る巨大な滝が映ります。

滝の名前は

苗名滝(なえなたき)と言って

日本の滝百選になっていました。

そんな苗名滝の場所はどこ

アクセス・駐車場までの行き方について

調べてみました。

苗名滝の見頃についても書いてますので

お出かけの参考にしてください。

スポンサードリンク

苗名滝(なえなたき)の場所はどこ?アクセス・駐車場までの行き方は?

日本の滝百選に選ばれた苗名滝が

まずはどんなものなのかまとめてみました。

名称:苗名滝

別名:苗江滝、南井滝、地震滝

落差:55m

所在地:新潟県と長野県の境

アクセス:新潟県妙高市側

電話:0255-86-3911(妙高高原観光案内所)

苗名滝は関川上流にあって

4連の滝が連なっています。

苗名滝が一の滝で

二の滝、三の滝、四の滝へは

通行困難となっています。

二の滝までは遊歩道があるという

情報がありましたが

三の滝、四の滝までの情報は

見つけることが出来ませんでした。

ただgoogleアースを使えば

三の滝、四の滝の場所を見ることが出来ます。

別名に地震滝とありましたが

気になる名称だったので

由来について調べてみました。

落差55mもあるので

水が落ちるときに轟音が鳴り響き

この音が「地震」であるようだったので

そのような名前が付いたようです。

また地震を「なゐ」とも言うので

口語体に転化して

「ないの滝」が「なえな滝」となり

「苗名滝」と名付けられたようです。

スポンサードリンク

苗名滝の場所・住所は?

苗名滝のある場所の住所は

新潟県妙高市杉野沢

となっています。

ナビで検索するのならば

苗名滝で設定すればいいのですが

2018年に苗名滝までのルートが

整備されたようですので

カーナビでは対応していないかもしれません。

看板・標識がきちんと設置されているので

カーナビを頼りに行くのであれば

看板・標識に注意しながら行くといいです。

googleストリートビューで確認したら

撮影日が2012年6月の場所があったので

参考程度にした方がいいです。

苗名滝までのアクセス・駐車場は?

自家用車で行かれる方は

上信越自動車道妙高高原ICで降りて

県道39号経由で苗名滝まで11分です

参照:googlemap

気になる駐車場ですが

滝の手前500mの所にあります。

駐車場には苗名滝苑という食堂があり

この暑い時期に嬉しい

流しそうめんがメインメニューとなっています。

食堂以外にはグランドというカフェがあります。

駐車場の台数ですが

googleアースで確認したところ

普通車でも100台以上

観光バスでも10台以上

が止まれるほど大きなものでした。

滝周辺にはトイレがないようなので

駐車場に設置してあるトイレを

使用してから行くのがいいようです。

スポンサードリンク

苗名滝の見頃は?

5月:雪解けにより水量が増す

10月中旬~11月上旬:紅葉

食堂の苗名滝苑は

11月上旬から4月中旬が

クローズとなっています。

雪が積もった時期に見る滝は

とても美しいそうですが

残念ながら冬季閉鎖になっているようです。

過去の放送で人気の高かった

観光の記事はこちらです。

スポンサードリンク

8月3日の土曜スペシャル・秘境路線バス旅4

秘境路線バス旅は今回で第4弾になります。

旅のルールはバスの乗客の中から

地元の方を選び

「どこで降りますか?」

と質問しその乗客と一緒に降ります。

そして一緒に降りた人から聞いた

情報だけで旅をしていくガチンコ旅です。

第4弾のスタート地点は長野県小川村で

経由地の長野市を通り

日本海の新潟県糸魚川市がゴールです。

乗客の降りる場所によっては

観光スポットも何もない場所だったり

誰もバスに乗ってなければ

何もできないなんてことも。

バスに乗る人頼りの旅は

どんな結末を迎えるのでしょうか?

スポンサードリンク

苗名滝(なえなたき)の場所はどこ?アクセス・駐車場までの行き方は?【秘境路線バス旅】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 苗名滝(なえなたき)の場所はどこ?
  • アクセス・駐車場までの行き方は?
  • 苗名滝の見頃は?
  • 8月3日の土曜スペシャル・秘境路線バス旅4

滝の私のイメージは

苗名滝のように落差があって

豊富な水量です。

日帰りで行くには

ちょっと遠いところでしたが

行くだけの価値がありそうでした。

この滝を見て中山秀征さんは

どんな感想を漏らすのか楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする