江戸時代の幻の天保そばを食べられるお店は?通販購入・お取り寄せも!【突破ファイル】

スポンサーリンク

毎週木曜日の19時~

THE突破ファイルが放送されています。

驚きのひらめきでピンチを

突破した方法を実録ドラマ化!

諦めない人から知恵と

勇気を学ぶ新感覚ドラマ

&クイズバラエティー

ということで、いつも楽しく見ています。

今回もすごい突破方法が放送されたので、

まとめてみました。

スポンサードリンク

江戸時代の蕎麦のタネが復活!?

福島県大熊町の横川一郎さんの

古い家の取り壊しの時に、

屋根裏で真っ黒になった俵が

6つ見つかりました。

約170年前の天保の大飢饉をきっかけに

備蓄されたと伝わるソバの実でした。

しかし、言い伝えだけでは、本当にその時代の

そばの実なのかどうかがわかりません。

そこで、山形大が最新鋭装置の分析でそばを調べ、

言い伝え通り天保年間(1830~1844年)に

収穫されたものである可能性の高いことを、

つきとめました。

しかし、そばのタネは乾燥し傷んでいたため、

研究機関では「成長能力なし」とされました。

どうやってそばのタネを復活させたの?

しかし諦められない横川さんは、

なんとかこの蕎麦を復活させたいと

福島県製麺協同組合青年部にお願いしました。

しかし、誰も発芽させることはできませんでした。

そこで一縷の望みをかけ

山形にある鈴木製粉所の鈴木彦市さんを訪ねてみます。

鈴木彦市さんは今までのやり方と違う、

昔から農家に伝わるやり方で

やってみたらどうだろうか?と考えました。

それは現在の蕎麦の栽培方法とは異なり、

そばのタネを播く時は水はいらない。

という方法でした。

半信半疑ながら、今まで栽培に成功していなかったため、

その通りにしてみたら、、、

見事発芽!

天保時代の蕎麦が復活を遂げました。

それから徐々に収穫面積を増やし、

現在では、その種からとれたそばを

幻の「天保そば」として食べることができます。

そして、通販で購入もできるようです!

スポンサードリンク

江戸時代の幻のそば
「天保そば」を提供しているお店は?

調べたところ、

なんと現在13店舗で食べられるそうです!

ただし期間限定販売となっていました。

タネを保存していくため、きちんと

提携したお店でないと、提供できないそうです。

  1. 港屋  山形市和合町2-1-30
  2. きふね 山形市天神町68
  3. みねた 山形市城西町2-1-40
  4. 三百坊 山形市土坂字荒屋敷453-2
  5. 庄司屋 山形市七日町2-7-6
  6. 三津屋 山形市上町1-1-75
  7. やぶ家 山形市七日町五丁目3−32
  8. 伊右エ門 山形市河原田18-3
  9. 寿ゞ喜総本店 山形市宮町5-9-8
  10. 第二公園山長 山形市十日町4-3-8
  11. そば屋惣右ェ門 山形市早乙女一番地
  12. 菊太郎新富本店 米沢市城北一丁目8−20
  13. 松茶庵 上山市河崎 2−4−12

11店舗が山形市で、

米沢市と上山市にも1店舗ずつあります。

天保そばの通販、お取り寄せ方法は?

酒井製麺所のHPから

お取り寄せができることが分かりました。

出典:https://www.sakaiseimen.com/

8袋で3500円となっています。

170年前の江戸時代のおそば。

安いとみるか高いとみるかは

人によってことなりそうです。

期間限定で発売しているようなので、

買いたい人は時期を見計らって

アクセスしてみて下さい。

アクセス先はこちら

スポンサードリンク

天保そばの味は?

最初に天保そばを食べた方々は、

今の蕎麦とはまるで違って、

餅のような弾力があり、香りが強く、

味に野性味があり、「驚くほど美味しかった」

甘みも強いようです。

と表現されていたそうです。

実際に食べてみたいですね。

まとめと感想

今回のTHE突破ファイルは、

約160年前の江戸時代のそばを復活させる

突破劇でした。

最初に俵を見つけた方が、捨てずに、

絶対発芽させる!という強い気持ちを持った!

というのが本当にすごいと思います。

その後の努力と閃きももちろんすごいですが、

最初の段階で捨てていたら、

その先の物語はないのです。

そして仲間を探した根性も尊敬します。

「三人寄れば文殊の知恵」といいますが、

やはり、人間一人では限界があります。

仲間が集まったからこそ、

何度失敗してもおれずに

頑張れたのだと思います。

是非一度機会をみつけて

「天保そば」食べに行きたいです!!

最期まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする