トンネルコンポストでがっちり!燃えるゴミが石炭に?最新の処理方法とは?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年3月10日のがっちりマンデー

儲かる町が特集されます。

香川県三豊市でトンネルコンポストという

最新のごみ処理施設があります。

今までは燃えるゴミは施設で燃やして

焼却灰は埋設というのが一般的でしたが

トンネルコンポストを使うと

可燃ごみ石炭になるというのです。

想像のつかないこの処理方法について

調べてみました。

固形燃料を燃やしても

ダイオキシンが発生しないか?

という内容をトンネルコンポストを

使用した時のメリットに加筆しました。

スポンサードリンク

トンネルコンポストとは?

出典:http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/

燃えるゴミには生ゴミだけでなく

プラスチック、紙などが混在しているので

臭いや水分の関係でリサイクルが困難と

言われてきました。

しかし、トンネルコンポスト方式だと

混合ゴミでも発酵・乾燥させることが出来るので

リサイクルが可能な状態にすることができるのです。

リサイクルが出来るという事は

再資源として活用することが出来るのです。

香川県三豊市にあるトンネルコンポスト方式の

ゴミ処理施設の名称は

バイオマス資源化センターみとよ

と呼ばれ以下の場所で平成29年4月から

稼働しています。

場所:香川県三豊市山本町神田30番地1

トンネルコンポストのコンポストって

畑においてあるあれですよね。

緑色のゴミ箱のようなあれです。

コンポストも枯葉や生ごみなどを

微生物に分解発酵させて堆肥を作っているので

トンネルコンポストとは

これを元に研究・開発されたんでしょうね。

スポンサードリンク

トンネルコンポストで燃えるゴミが石炭に?最新の処理方法とは?

出典:http://biotunnel.net/

発酵の過程がありますが

バイオトンネルと呼ばれるコンクリートの

密閉発酵槽で微生物による発酵を

促しています。

その時に発生する熱は無駄にすることなく

乾燥処理に使われます。

このシステムはヨーロッパで開発された

ゴミ処理方法なのです。

処理が終わった物は固形燃料の材料として

加工されて製紙工場等で石炭の代わりとして

使われるのです。

処理が終わった固形燃料の原料はこちらです。

出典:出典:http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/

スポンサードリンク

トンネルコンポストを使用した時のメリットは?

気になる答えは次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 飯塚賢一 より:

    素晴らしいと思います。
    一つ質問ですがペレットにはビニール袋などが入っていますが製紙会社などから出る煙りからダイオキシンなど有害物質は出ていないのでしょうか?

    • nakamura86 より:

      飯塚様

      コメントありがとうございます。
      確かにおっしゃる通りダイオキシンが出ないか気になりますよね。ペレットになるのは今までならゴミ処理場で燃やされていたもの。分かる範囲で問い合わせをしてみて、お答えさせていただきたいと思います。