八木寿仁葉:じゅには(京都舞妓の勝貴)の修行・生活とは?お茶屋は?【ザ・ノンフィクション】

スポンサーリンク

今回、「ザ・ノンフィクション」で

3人の舞妓さんが登場します。

明るく華やかに、日本の伝統を受け継いできた舞妓や芸妓。

京都には、舞妓や芸妓が暮らす花街が五つあります。

中でも最古の歴史を持つのが、

今回の舞台となる上七軒(かみしちけん)です。

引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/52074202/

ということで、上七軒で繰り広げられる

人生ドラマについてまとめたいと思います。

志村理音さん(芸妓:勝音さん)⇒こちら

三島果帆さん(芸妓:勝奈さん)⇒こちら

八木寿仁葉さん(舞妓:勝貴さん)

の3人が登場しますが、

今回は、八木寿仁葉(じゅには)さんについてまとめます。

スポンサードリンク

なぜ舞妓へ

出典:長崎新聞

八木寿仁葉さんは

長崎県南島原市出身です。

市立口之津中学校に在籍し

中学校の時は陸上をされていたようです。

とても活発な方だったんでしょうね。

また4人兄弟の長女のようです。

寿仁葉さんは10歳の時から

舞妓になりたかったそうで

「きれいな舞妓さんになりたい」

という夢をかなえるために

2017年4月に親元を離れ

単身京都へきました。

中学卒業後、高校へ行かず

舞妓になるために

長崎から単身京都へいった

寿仁葉さんは

長崎新聞で記事にもなったようです。

「立派な舞妓に」夢へ一直線 不安と希望胸に京都で修行へ 

しかし、残念なことに記事が

2年前のもので見れなくなっていました。

出典:http://www.asahi.com/special/news/articles/OSK201304300074.html

スポンサードリンク

入門

寿仁葉さんは

志村理音さんや三島果帆さんと同じ

上七軒にあるお茶屋「大文字」

の門をたたきます。

そして舞妓になる前の

修行中の「仕込みさん」として

修行を始めます。

最初は順調に修行を重ねてったようです。

しかし、姉さん方かたメンタルの弱さを

心配する声がありました。

その後はどうなったのでしょう?

ここから舞妓になる間に

どんなことがあったのかは

調べてみましたがわかりませんでした。

ザ・ノンフィクションを放送を

楽しみにしましょう!

八木寿仁葉さんのお見世出し

その内容については次のページで!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする