足利銀行横領の犯人の名前・画像は?大竹章子の今現在やプロフィールは?【アンビリバボー】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年10月31日に放送される

奇跡体験!アンビリバボーでは

1970年代の関東で実際に起きた

足利銀行詐欺横領事件が特集されます。

犯人の名前・実名は大竹章子さん(画像)と

言うのですが事件のその後の

今現在プロフィールについて調べてみると

純情であったために

騙されてしまった可哀想な女性でした。

恋は盲目。

大竹章子さんが起こした事件を

一言で表すとこの言葉がぴったりです。

スポンサードリンク

足利銀行横領の犯人の名前・画像は?大竹章子の今現在やプロフィールは?

足利銀行で起きた詐欺横領事件とは

一体どんな物だったのか

簡単にまとめてみました。

足利銀行詐欺横領事件

事件の発覚は1975年7月20日でした。

発覚した理由は足利銀行本店の

抜き打ち審査で監査人が帳簿を調べると

明らかにおかしい内容の

帳票類がゴロゴロと見つかったのです。

横領された金額は総額2億1190万円

現在の価値になおすと

3億8000万円という巨額なものです。

大竹章子さんが横領に手を染めた理由は

男がらみで

結婚を夢見たことです。

事件の発覚する2年前の1973年に

東北両行に出かけた際に

国際秘密警察員・石村(偽名)と名乗る

男性と出会い恋に落ちたことで

横領に手を染めていくのです。

石村の本名は阿部誠行さんといい

組織を抜けるために金が要ると

大竹章子さんに言って

お金を借り続けたのです。

そのお金はギャンブルや愛人に使われ

さらには国際ユニオン開発センターという

競馬情報と勝ち馬予想新聞を発行する会社に

六本木にクラブをオープンさせていました。

阿部誠行さんは結婚するつもりはないのに

大竹章子さんに結婚を持ちかけては

お金をせびり浪費していたのです。

スポンサードリンク

そして詐欺横領事件が発覚し

裁判では次のように判決が下されました。

阿部誠行さんは懲役8年。

大竹章子さんは懲役3年6ヶ月。

足利銀行詐欺横領事件の元凶となった

阿部誠行さんは

横領をした大竹章子さんより

重い判決内容が下されたのです。

大竹章子の今現在やプロフィールは?

大竹章子さんは1953年(昭和28年)に

栃木県栃木市で生まれました。

実家は兼業農家で姉と弟がいる

ごく普通の家庭で育っており

進学した栃木県立栃木商業高校では

成績は常にトップクラスでありながら

部活動ではテニス部のリーダーを務める

文武両道の人物でした。

足利銀行の栃木支店では無遅刻無欠勤に

てきぱきとこなす働きぶりで

評判がとてもよく皆から信頼されていました。

ただ私生活は

恋愛とは無縁の人生を送っており

当時は20歳を過ぎれば

寿退社で去っていく女性が多い時代。

20歳を過ぎた大竹章子さんは

同期の女性が寿退社でどんどんと

去っていく姿を見ていて

結婚に対する焦りがあったと思います。

スポンサードリンク

今の時代なら女性が20歳前後で

結婚となると早いね~と言われますが

当時はそれが普通だったようです。

40歳近くになってから

結婚する人が増えている現在から考えると

ちょっと驚いちゃいますよね。

大竹章子さんのその後の人生を

探ってみたところ

実刑判決を下されたことは分かりましたが

いつ出所したのかや

66歳となった今現在が

どんな生活なのかが分かりませんでした。

日本中を震撼させた

足利銀行詐欺横領事件の犯人として

実名で報道されたので

刑期を終えたとしても

普通の生活を送ることは難しいと思います。

ひょっとすると養子に出されて

名字が変わっていたり

結婚をしている可能性もありますよね。

騙されていたとはいえ

名前や顔画像が出てしまっているので

普通の生活を送っているとは

私には思えません。

肩身の狭い生活を送っていると思います。

大竹章子さんはマメな性格でもあったようで

手帳には横領した日付、金額

阿部誠行さんといったホテルの名称、日付と

事細かく記録をしていたので

事件の捜査に大いに役立ったことが

容易に想像できます。

スポンサードリンク

国際秘密警察員ってどんな職業?

足利銀行詐欺横領事件の概要で登場した

国際秘密警察員ってどんな職業なのか

調べてみました。

パッと見た時にICPOの事かと思ったのですが

こちらは国際刑事警察機構だったので

国際秘密警察員とはまた別でした。

国際秘密警察員は結論から言うと

実在しない団体で

恐らくは映画の影響だと思われます。

1963年~1967年に全5作が作られた

アクション映画でタイトルの頭に

国際秘密警察とつけられていました。

人気のあった映画のようなので

ここから犯行に使われたのでは?

と私は思っています。

足利銀行詐欺横領事件の元凶の

阿部誠行さんにしてみれば

あんな適当な嘘話を信じてくれる女性が

存在しているのに

とても驚いたのではないでしょうか?

終わってしまった過去とはいえ

恋を知らない純粋な女性を

手玉に取り悪の道に引きずり込んだ

阿部誠行さんは許すこと出来ません。

10月31日の奇跡体験アンビリバボー

1970年代7月某日関東近郊の銀行で

とんでもない事態が起きていた。

本店からの

〝抜き打ち調査〟が行われていたのだが

あるデスクから多数の通帳と

三文判が…一人の女性行員による

およそ2年にも渡る横領事件が発覚。

の総額は…なんと2億円。

現在の価値にして約3億8000万円。

国内銀行の横領事件の中でも高額の被害だ。

そして驚くべきはその使い道だった。

一体、彼女は2億もの大金を何に使っていたのか!?

さらに国際秘密警察官や謎の女が登場し

日本中に衝撃が!

奇跡体験!アンビリバボー

スポンサードリンク

足利銀行横領の犯人の名前・画像は?大竹章子の今現在やプロフィールは?【アンビリバボー】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 足利銀行横領の犯人の名前・画像は?
  • 大竹章子の今現在やプロフィールは?
  • 国際秘密警察員ってどんな職業?
  • 10月31日の奇跡体験アンビリバボー

足利銀行詐欺横領事件の犯人とされた

大竹章子さんを見た率直な感想は

田舎の純朴な女性でした。

そんな女性を食い物にした

阿部誠行さんは許せませんが

大竹章子さんがもう少ししっかりしていれば

足利銀行詐欺横領事件なんてものが

起きなかったんだろうなぁと思います。

世間知らずのお嬢様が結婚という

甘い言葉に騙されて代償を払った事件は

番組ではどんな風に紹介されるのか

気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする