LWスライディングの口コミ体験レポ!最安値で購入した全開口窓が快適すぎる

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

今回は我が家で使用している

LIXILから2018年に発売されたばかりの

LWスライディングに関する

口コミ体験レポをお伝えしようと思います。

発売されたばかりの新商品が

ギリ家の設計に間に合い

すったもんだの末に最安値購入できました。

新家に住みだして半年弱ですが

全開口窓快適すぎて

値段分以上の価値があることが分かり

注文住宅で家を建てようとする人に

伝えたい気持ちでいっぱいです。

では最後までご覧ください。

スポンサードリンク

LWスライディングはどんな窓?

LWスライディングはLIXILから

2018年8月に発売された商品なんです。

何が凄いのかって

パッと見た時はFIX窓に見えるのですが

実際は開口するいたって普通の窓ですが

窓枠が無いのが特徴であり

一番のセールスポイントです。

出典:https://www.lixil.co.jp/

LWスライディングのカタログの画像ですが

これに憧れる人は多いはずです。

FIX窓ではなく

開口できる窓であるのにも関わらず

視認性の良さ!

景色を楽しむには十分すぎるほどの

大きな1枚ガラスです。

床の高さにガラスがあるので

見た印象がとてもキレイに映り

窓を開けていても閉めていても

外を見た時の開放感が変わりません。

そしてこのLWスライディングは

2018年グッドデザイン賞

2018年日経優秀製品サービス賞・優秀賞

2018年日経産業新聞賞 受賞

2019年レッド・ドット賞 受賞

2019年iFデザイン賞 受賞

を受賞しています。

スポンサードリンク

最近のエコ事情にも対応していて

ガラスを支えるフレームは

屋外側がアルミ

屋内側が樹脂

というハイブリッド構造になっています。

ガラスも

Low-E複層ガラス

トリプルガラス

という高性能ガラスが用意されているので

夏冬が快適に過ごせるようになっています。

LWスライディングを開けるには

側面にあるアシストハンドルを引き起こし

開口させます。

出典:https://www.lixil.co.jp/

窓枠がないので取っ手もないんですよね。

LWスライディングには

2種類のタイプが用意されています。

1つは1枚のガラス全部が収納できる

フルオープンタイプ

2つ目は1枚のガラスの半分を収納する

ハーフオープンタイプ

出典:https://www.lixil.co.jp/

窓が全収納できない家向けに

ハーフオープンタイプがあります。

ハーフオープンで窓が閉まっていると

FIX窓のような開放感があるので

設置スペースに問題があっても

設置できる可能性は広がると思います。

スポンサードリンク

これだけ素晴らしい商品なので

値段も素晴らしいです。

フルオープンタイプ

W1690mm × H2030mm

690,100円です。

ハーフオープンタイプ

W1690mm × H2030mm

640,100円です。

メチャ高いです。

けど一生ものの家で

窓を眺める時間を考えると

値段は高いですが

それに見合うだけの価値は十分あります。

LWスライディングの口コミ体験レポ!最安値で購入した全開口窓が快適すぎる

ここから先は私の家で実際に取付け

使用してみた感想になります。

リビングに取り付ける窓は

元から全開口窓にする予定でした。

4枚の窓を使って開閉するのですが

夫はこれが気に入らないようで

その理由が窓を全開口すれば

景色を楽しむことが出来るけれど

窓を閉めると景色が4枚のガラスによって

仕切られて楽しむことが出来ない

というものでした。

スポンサードリンク

私は正直それは仕方がないと思っていましたが

夫は諦めずに調べていると

リクシルから8月に発売された新商品なら

希望が叶うと知ったのです。

この時は9月で設計は大詰めに入っていて

ホントにギリギリのタイミングでした。

ギリギリ過ぎて弱冠アウトでしたが

それが功を奏して最安値で

購入することができたのですが・・。

半年使用してみた感想

商品特徴にありましたが

窓枠がないことで見た目がスッキリとして

外を眺める景色が開放感に溢れて

とても素晴らしいです。

窓枠がないだけで

これほど見た雰囲気が変わるんだ!

と正直驚きました。

我が家で使用している

LWスライディングは

フルとハーフの両方を使用しています。

木造でこれほどの開口面積を

確保するのは大変だったようで

柱だけは入れないと耐えれませんと

言われました。

この真ん中の柱が無ければ

もっといい光景でしたが仕方ないです。

それにアシストハンドルを

設置する場所も必要でしたから。

ただ開放感があり過ぎて

最初のうちしばらくは

家族もそうでしたが遊びに来た友人も

あることに慣れるまでが大変でした。

スポンサードリンク

それはその場所に

ガラスがあるということです。

透明度が高いガラスで窓枠が無いと

ガラスが無いように見えるので

子供はガラスにぶつかっていました。

割れなくて良かった・・。

高価なLWスライディングなので

割られたらショックが大きすぎます。

最安値で購入したいきさつ

元々は窓ガラス4枚を使用して

開閉をする予定でしたが

設計終盤に窓の仕様を変更したもんだから

LWスライディングの基本サイズにない

サイズをオーダーしたんです。

要は特注です。

フルオープンタイプ

W1690mm × H2030mm

690,100円です。

ハーフオープンタイプ

W1690mm × H2030mm

640,100円です。

このサイズならフルとハーフ合わせて

¥1,330,200円です。

けど特注なのでこれより高いはずですが

この部分の窓の予算である

135万円で納めました。

理由はLWスライディングを

設置出来るか聞いた時に

予算より高くなったり

サイズ変更なしに設置できるなら

お願いしますという約束の上で

取り付けたからです。

スポンサードリンク

窓のサイズが特注にしないと

設置できないのに

建築メーカー側の確認不足

問題なく設置できると回答していたので

差額分はメーカーもちとなりました。

ガラスサイズを考えると

差額数万円ってことはないと思うんですよね。

きっとウン十万はしていたと思います。

あっ施主側がごねたのではなくて

メーカー側が負担します

って提案してきたんですよ。

誤解しないでくださいね。

なので普通に最安値で購入しようと思うと

建築メーカーとLIXILとの

関係に寄るんじゃないかと思います。

関係が強いのなら

割引も大きくなりそうですが

LIXILと取引の少ない建築メーカーなら

割引額が少ないような気がします。

LWスライディングの口コミ体験レポ!最安値で購入した全開口窓が快適すぎるのまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • LWスライディングはどんな窓?
  • 半年使用してみた感想
  • 最安値で購入したいきさつ

メチャメチャ高いLWスライディングでしたが

購入して後悔は全くありません。

導入してホントに良かったと思います。

LWスライディングはリビングにいる時

キッチンに立っている時など

よく目にする場所に設置してあるので

見る度に嬉しく感じます。

これがもし窓枠のある従来の窓なら

窓枠邪魔だわ~なんて

不満に思っていたはずです。

夫の最後まで諦めない行動に感謝です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする