小澤詠子(看護師うたちゃん)は豊島で言葉の薬で患者を救う【セブンルール】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月3日に放送される

セブンルール小澤詠子さん

39歳が登場です。

看護師うたちゃんの愛称で

瀬戸内海の香川県高松市にある

離島の豊島で活動しています。

高齢患者の異変をいち早く気付けるように

言葉の薬を使う彼女のセブンルール

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

小澤詠子(看護師うたちゃん)は豊島で言葉の薬で患者を救う

島唯一の常勤看護師の

小澤詠子さんとは一体どんな人物なのか

まずはプロフィールを確認したいと思います。

氏名:小澤 詠子(おざわ うたこ)

愛称:うたちゃん

年齢:39歳(2019年9月現在)

出身地:大阪府

居住地:香川県

出身校:立命館大学経営学部

小豆島准看護学院

高松市医師会看護専門学校

職業:看護師

瀬戸内海の過疎化が進む豊島で

看護師として常勤している小澤詠子さんの

幼いころの夢は看護師になることでした。

つまりは夢が実現したということですが

実際は高校生の時に出会った看護師のせいで

看護師になる夢を捨てています。

しかし大学生時代に豊島を訪れた時に

夢が再燃し看護師になったのです。

豊島には常勤の医師はおらず

小澤詠子さんが島唯一の常勤看護師で

週4日派遣される医師と事務員と共に

島唯一の診療所で島民の命を預かっています。

スポンサードリンク
診療所に来る患者の大半は

70~90歳の高齢者です。

いつ何が起きてもおかしくない

高齢患者の異変をすぐに察知できるように

小澤詠子さんならではの

言葉の薬」を使っています。

豊島の住民の命を預かるという

責任を果たすために

住居は2つ持っています。

一つは高松市内にもう一つは豊島です。

状況に応じて帰宅する家を

選ぶ生活をされています。

そんな小澤詠子さんの情熱が

豊島の人々に伝わり

うたちゃんという愛称で呼ばれています。

小澤詠子さんは看護師として

豊島の人々を守っていますが

それ以外の方法でも守ろうとしています。

少子高齢化が進む豊島で

命が尽きる最後まで過ごせるように

環境を維持し

島外に行かなくても済むように

日々努力をされています。

スポンサードリンク

小澤詠子(看護師うたちゃん)は豊島で言葉の薬で患者を救う【セブンルール】のまとめ

セブンルールに登場する

小澤詠子さんが一体どんな人物なのか

まとめてみました。

過疎化の進む豊島で

看護師として精いっぱいの仕事をしつつ

地域包括ケアシステムを実現するためにも

汗を流されていました。

豊島の人達のために働く

小澤詠子さんのセブンルールは

一体どんなものなのでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする