逆転スクープ4の娘誘拐の真相は火災で偽装?犯人【画像】や現在はどうなった?

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年7月13日の土曜プレミアムで

超逆転スクープ4が放送されます。

母(ルース)娘(デリマール)の

奇跡の再会が特集されます。

娘の誘拐は火災で偽装され

真相が明かされるまでに

6年もかかっていたのです。

犯人【画像】やその後の現在

どうなったのか調査してみました。

スポンサードリンク

7月13日の超逆転スクープ4(土曜プレミアム)

1997年のアメリカ・フィラデルフィアで

火災が発生しました。

部屋で寝ていた娘が見つからず

誰しもが火事に巻き込まれたと

思っていましたが

母だけは誘拐された!

と頑なに語っていました。

果たして母娘の奇跡の再会は

どのように行われたのか?

真相が明かされます。

逆転スクープ4の娘誘拐の真相を火災で偽装?

娘が誘拐されましたが

火災で偽装されたため発覚が遅れました。

その事件の概要について

まとめてみました。

主な登場人物は

母:ルース

父:ペドロ

娘:デリマール

いとこ:キャロリン

いとこの娘:アリーヤ

州議会議員:エンジェル・クルーズ

スポンサードリンク

事件の発生!

1997年12月15日のアメリカ

フィラデルフィアで事件が起きました。

事件の起きる10日前に3人目にして

待望の娘が生まれ一家は

幸せに包まれていました。

笑うとえくぼができる赤ちゃんは

デリマールと名付けられ

生まれたばかりの娘を見ようと

夫の母やいとこが家を訪れていました。

「私も同じ日に女の子を産んだばかりなの」

母といとこは初めて会った日に

偶然にも母と同じ日

女の子を出産したと語ったのです。

午後7時頃に2階で火災が発生しました。

母が駆け付けた時には娘がいる部屋は

火の海となっていたのです。

娘を助けようにも激しい炎に阻まれ

なす術がありませんでした。

「まだあの子が中にいるの! お願い助けて」

泣き叫ぶ母の姿を見るも

誰も助けることが出来ません。

娘がいた2階の寝室は全焼。

ベビーベッドは跡形もなく燃え尽き

消防と警察は共に「死亡」と断定したのです。

「生後10日の赤ちゃんが火災で死亡」

地元の新聞にはこう見出しが付けられ

悲劇の母親となりました。

けれど母親は葬式をしている最中に

こう叫んだのです。

「デリマールは生きているわ!

あの子は誰かに誘拐されたのよ」

母親がこう語ったのは

おかしな点があったからです。

そのおかしな点とは?

  1. 炎の中で見たベビーベッドに
    デリマールがいなかったこと。
  2. 閉めたはずの2階の窓が開いていたこと。

このため、何者かが火をつけ

娘をを連れ去ったに違いない!

と直感的に感じたのです。

けれど誰も信じてくれる人はいませんでした。

世間の人は死んだ娘を

生きていると言い続けるおかしな母親

という冷たい目で見たのです。

周囲に味方がいない上に

夫との間にも溝が生まれていき

孤立を深めていったのでした。

そして火災から4年が過ぎて

娘の父親がついて家を出ていったのです。

スポンサードリンク

娘に関する新情報

火事が起きてから6年が経過した時

別れた元夫から電話があったのです。

「知り合いのパーティーに顔を出したら

俺とお前によく似た女の子を見たんだ」

そのパーティーに行ってみると

アリーヤという女の子を見た瞬間に

母親は娘だと直感したのです。

直感だけでなくいなくなった娘の

笑うとえくぼが出る癖と全く同じえくぼ

アリーアにあったのです。

アリーヤの母親は別れた夫の

いとこでした。

いとこに初めて会った日に

まったく同じ日に女の子を産んだ

と話していたのが

実は嘘だったのではないか?

と疑問を持った瞬間でした。

火災のあった日の真相は?

いとこは周囲に「妊娠した」と

話していたと言いますが

のちの捜査で当時の交際相手を

つなぎとめるための嘘だったことが

分かっています。

いとこはトイレに行くふりをして

娘のいた部屋のヒーターの前に

スプレー缶を置き簡単な時限式発火装置

作ったのです。

時間が経ち缶は爆発し火災が発生。

その混乱に乗じて娘を連れ去ったのです。

そしていことは「自宅で出産した」

とする偽装工作をして周囲を欺いたのです。

スポンサードリンク

娘を取り戻すための母の戦い

DNA鑑定で親子関係を

調べようと思った母親は

いとこの娘から髪の毛を引き抜き

DNA鑑定をしようと試みました。

しかし、警察は捜査対象ではない人間の

鑑定を受け入れてはくれず

自費による高額な専門機関での鑑定では

貧しい母親には困難でした。

救いを求めたのは選挙活動中の

州議会議員でした。

直談判を試みた母親の情熱に

州議員の心が動き初めて自分の話を

信じてくれた人物が現れたのです。

そして議員は警察に再捜査を依頼すると

さまざまな事実が明らかになったのです。

娘の遺体が見つからない不自然。

火災はわずか14分で鎮火しており

乳児といえども骨まで

燃え尽きることはありえない。

捜査によりDNA鑑定を行った結果

いとこといとこの娘に親子関係が

ないことが証明され

いとこの娘は誘拐された子と

断定されたのです。

誰からも信じてもらえず

周囲から心を病んでいると言われ

自分を信じて闘い続けた

6年3カ月という長い期間が

ついに報われる日が来たのです。

逆転スクープ4の娘誘拐の犯人【画像】や現在はどうなった?

2019年5月で娘は

21歳になっていました。

母親と娘は本当の自宅に戻ると

兄弟が歓迎パーティーで迎えてくれました。

後のインタビューで

母が諦めていたら

きょう、あなた方とこうして

お話しする機会はなかったでしょう

と語っていました。

娘を誘拐したいとこは起訴され

裁判で懲役30年の判決が下されました。

出典:https://www.cbsnews.com/

スポンサードリンク

逆転スクープ4の娘誘拐の真相は火災で偽装?犯人【画像】や現在はどうなった?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 7月13日の超逆転スクープ4(土曜プレミアム)
  • 娘誘拐の真相は火災で偽装?
  • 娘誘拐の犯人【画像】や現在は?

自分が幸せになるためなら

他人がどうなろうと関係ないという

人間が存在するということを

証明する事件でした。

今回は娘を誘拐された

母親の視点で記事を書きましたが

夫はどのように思っていたのでしょう。

特に自分のいとこが誘拐犯であると

知った時の気持ちが気になります。

今日放送された

ショッピングモール襲撃事件の

犯人についての記事はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする