ブラックホール撮影はナゼ不可能?一般相対性理論との関係は?地球吸収の危険を調査

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年4月10日にブラックホールが

史上初撮影されて話題です。

けどブラックホール撮影が今まで

ナゼ不可能だったの?

アインシュタインの

一般相対性理論が証明って言うけど

具体的に何が証明されたの?

撮影成功がイマイチピンとこないので

調べてみました。

スポンサードリンク

ブラックホール撮影はナゼ不可能?

4月10日にブラックホールの影を

撮影することに成功したという事で

話題になっています。

何故なら史上初の撮影という事なのですが

なんで今まで撮影されなかったの?

って思う人はいませんか?

少なくとも私はおもってました。

けどこの話を聞けば確かに!

って思うかと思います。

ブラックホールの存在は

約100年前にアインシュタインの

一般相対性理論によって

予測されたが

強大な重力で光さえも

外に出られないため

観測が難しかった。

YAHOO!JAPANニュース

この文中の

強大な重力で光さえも外に出られない

光が外に出られないというのは

よく知られていますが

光が届かないから撮影できない。

真っ黒な宇宙空間に光が届かない

ということは黒に黒で

そんな空間があっても分からないですよね。

なので存在を証明することが

出来なかったものを今回撮影できたことで

存在を証明することが出来た!

ということで話題になっているのです。

面白いなと思ったアニメーションが

あるのですが

ブラックホールの周辺を光が

通過するときに出来るリングが

ブラックホールの存在を示しています。

Schwarzschild black hole
By コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、Alain rだと推定されます(著作権の主張に基づく) – コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、投稿者自身による作品だと推定されます(著作権の主張に基づく), CC 表示-継承 3.0, Link

出典:https://news.goo.ne.jp

ブラックホールと相対性理論の関係を
次のページで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする