ラスベガス強盗事件(2009年)の犯人は誰?真相と現在を調査【9月10日衝撃ファイル】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月10日の火曜エンタでは

本当にあった(秘)衝撃ファイルが

放送されます。

注目するのは

アメリカのラスベガス

ブライアンハスケルさん68歳が

2009年強盗事件に巻き込まれました。

容疑者は3人。

ジャッキー・シェーファーさん

ウィル・シットンさん

ロバート・シットンさん

3人の主張はバラバラで

犯人は誰なのか?

法廷で明かされた真相

判決後の現在を調査してみました。

スポンサードリンク

ラスベガス強盗事件(2009年)の犯人は誰?真相と現在を調査

過去に起きた事件を取り上げる

衝撃ファイルで

今回はアメリカのラスベガスで実際に

起きた事件について焦点が当てられます。

一体どんな事件でどんな背景があったのか

調べてみたいと思います。

事件の概要は?

2009年10月29日に

のアメリカ・ラスベガスのある家で

事件が起きました。

68歳の男性が自宅で何者かに襲われ

命を奪われていたのです。

事件の被害者は暴行を加えられた後

ラップトップとテレビを奪われ

銀行にある小切手を現金化されたのです。

警察はすぐに捜査を始め

その結果3人の容疑者を逮捕しました。

被害者(ブライアン・ハスケル)

女性(ジャッキー・シェーファーさん):被害者と同居

男性A(ウィル・シットンさん):女性の彼氏

男性B(ロバート・シットンさん):男性Aの弟

警察では3人の容疑者は共犯関係にあり

有罪であると主張します。

けれど3人の容疑者は

自分は無罪だと主張をしており

一体誰が犯人なのか分からないのです。

スポンサードリンク

事件の真相やその後の現在は?

被害者男性は自身の娘に

同居女性が盗みを働いていると非難し

被害者男性は同居女性に

家を出ていくように言ったのです。

その事に反発した同居女性は

被害者男性にまず暴行を加え

さらに男性AとBが暴行を加えます。

3人が家を出た後も

被害者男性は3日間は息があったと

医学検査官が主張しています。

暴行を加えられ動けずにいた

被害者男性は脱水症状も起こしていました。

犯人3人は自身が無罪だと

主張していましたが

訴えは退けられ

極刑を含む有罪判決が下されました。

その他の身勝手な理由で起きた事件はこちら

ラスベガス強盗事件(2009年)の犯人は誰?真相と現在を調査【9月10日衝撃ファイル】のまとめ

2009年にアメリカ・ラスベガスで起きた

強盗事件について調べてみました。

容疑者3人は無罪を主張していましたが

真相は3人とも犯人でした。

そして判決では有罪判決となりました。

自分の利益だけを考える犯人達に

強い怒りを覚えます。

人の命よりも価値のあるお金って

何なのでしょうね。

その他の身勝手な理由で起きた事件はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする