劇団カルロスゴーンの運転手や変装に気付いた人は誰?

スポンサーリンク

2019年3月6日に劇団カルロスゴーンと

名付けられた釈放劇の

運転手や変装に気付いた人は

いったい誰なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

劇団カルロスゴーンの運転手や変装に気付いた人は誰?

10億円という保釈保証金を払い

2019年3月6日に釈放されたカルロスゴーン被告。

その釈放は映画さながらでした。

釈放された瞬間を撮ろうと東京拘置所に

集まった多くの報道陣。

話題になるのも分かりますが

ちょっと異常とも思える光景でした。

玄関正面に横付けされた黒いワンボックスカー

これに乗ると思われていましたが

実際は少し離れたところに止まった

白い軽自動車に乗り込み報道陣を残し

出発したのです。

この時点でカルロスゴーン被告に気付いたのは

女性記者ただ一人だけだったという事です。

もしこの女性記者が気付いていなかったら

いつまでも東京拘置所前に報道陣が

張り付いていたことでしょう。

このまま気付いていなければ

それはそれで面白いことになっていたでしょうけど。

そう、この女性記者がカルロスゴーン被告に

気付いたから昨日の追跡劇が起きたわけです。

数多くの報道関係の車両にヘリコプターまで

動員して追いかけていたわけですが

どんな凶悪犯を追跡してるんや!

って思わず突っ込んでしまいました。

大きな話題ではありましたが

ちょっとやりすぎ感が強かったです。

この釈放劇を

恵俊彰さんが番組内で

劇団カルロスゴーンと連呼したことにより

ネット上で大きく話題になりました。

劇団カルロスゴーン

劇団カルロスゴーン

とてもいいネーミングだと思います(笑)

スポンサードリンク

カルロスゴーン被告を乗せた車の運転手は?

劇団カルロスゴーンと名付けられた釈放劇には

白色の作業車が使われたのですが

運転手は一体誰なのでしょうか?

グッディではこの運転手の人に

インタビューをしていました。

するとプロのドライバーでも何でもありませんでした。

本当にただの一般の作業員の人でした。

会社関係の知り合いの人に詳しい話をされないまま

東京拘置所に向かうように依頼されたそうです。

その運転手の人はもう??の状態ですよね。

東京拘置所で待っていると

突然後部座席にカルロスゴーン被告が

乗り込んできてとても驚いたと

語っていました。

それはそうですよね。

いきなり時の人が現れたら私も驚きます。

グッディでは劇団カルロスゴーンに

使用された実車をフジテレビ前に用意して

詳しく説明していました。

ウィンドウは手回し、タバコくさい

座席にはペンキがついていて

バックミラーは大型のものが取り付けられています。

そんな情報いる?

もっと他に報道することあるでしょ?

ないの?

暇なの?

なんでこんなことを報道するのか

良く分かりません。

運転手の人も劇団カルロスゴーンに

強制参加することになって災難だったと思います。

スポンサードリンク

劇団カルロスゴーンの運転手や変装に気付いた人は誰?のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 劇団カルロスゴーンの運転手や変装に気付いた人は誰?
    ・カルロスゴーン被告を乗せた車の運転手は?

昨日の劇団カルロスゴーンは映画さながらの

釈放劇でした。

今日の放送ではバレバレ変装といっていましたが

現場で気づけたのは女性記者一人だけです。

その人が気付いていなかったら

劇団カルロスゴーンは開幕していなかったと

思います。

事情を何も知らない運転手の人は

突然、劇団カルロスゴーンに参加することになって

今日はインタビューを受けるし

いったいどうしてこんなことになった?

と思っていることでしょう。

明日もこの話題が続くのかなぁ

もう、いい加減お腹いっぱいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする