航空機で1番の事故とは?9秒で墜落で真相解明に10年【知っている】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年9月2日に1番だけが知っている

が放送されます。

航空機事故1番知る男

アレックスビストラムさんが

4千件の中で一番恐ろしい事故

ユナイテッド航空585便を

語ります。

それは異常事態発生から

たったの9秒墜落したのです。

その事故原因の真相解明10年

かかりました。

その事故真相とは

一体何だったのでしょうか?

スポンサードリンク

航空機で1番の事故とは?9秒で墜落で真相解明に10年

航空機で1番恐ろしい事故に選ばれたのは

ユナイテッド航空585便墜落事故です。

この事故の内容について

まとめてみました。

事故の内容は?

この事故は1991年3月3日に

アメリカのコロラド州で起きました。

飛行中のユナイテッド航空585便は

コロラド州スプリングス空港の

滑走路へアプローチをしている時に

方向舵がハードオーバーしたのです。

ハードオーバーとは

自動飛行制御システムといった

制御装置に異常をきたし

方向舵に誤った信号をだしてしまうことです。

このハードオーバーが起きると

方向舵が一気に予想しない向きに

変ってしまうのです。

ユナイテッド航空585便はハードオーバーが

起きてから9秒後に地上に墜落したのです。

スポンサードリンク

事故原因は不明

航空事故が起きた時に

重要な証言を残してくれる

フライトレコーダーは今回の事故で

無事に回収できています。

記録を解析した結果

事故の原因を特定できるほどの

十分なデータがありませんでした。

そのため事故報告書には

制御不能に陥った原因の特定できず

と書かれたのです。

同様の事故が再び

1994年9月8日に

ユナイテッド航空585便と同様の事故が

USエアー427便で発生しました。

1996年6月9日に

イーストウインド航空517便でも

同様の事故が起きました。

この事故を調査することで

真相を解明することが出来たのです。

事故より10年越しの真相解明

ユナイテッド航空585便とUSエアー427便

の墜落事故原因は

向舵の制御装置が突発的に故障したこと

と2001年3月27日に結論付けられました。

事故原因を突き止めるのに

要した時間は10年です。

この真相を解明するのに

150名近い尊い命が失われています。

事故の真相を特定できたのは

イーストウインド航空517便も

同様の事故を起こしましたが

墜落をしなかったからです。

そのため必要なデータを

集めることが出来たのです。

スポンサードリンク

事故の対策は?

事故の原因が特定でき

最終的には部品に欠陥があると

結論付けられました。

問題ある部品は

ラダー・パワー・コントロールユニット

で事故の同型機ボーイング737の

全機に対して装置の回収をしたのです。

この装置に問題が起きても

フォローが出来るように

システムに予備装置を組み込んだことで

以降同様の事故が

起きないようになりました。

その他の衝撃の航空機事故については

航空機で1番の事故とは?9秒で墜落で真相解明に10年【知っている】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 航空機で1番の事故とは?
  • 事故原因は不明
  • 同様の事故が再び
  • 事故より10年越しの真相解明
  • 事故の対策は?

飛行機が事故を起こす確率は

自動車事故よりも

確率が低いとは言いますが

航空機事故はひとたび起きると

大被害が発生します。

なので安全には十分以上に

対策をしてもらいたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

その他の衝撃の航空機事故については

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする