マレーシア航空370便行方不明は1番だけが知っている?犯人画像や真相・噂のまとめ

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

マレーシア航空370便の行方不明事件が

1番だけが知っているで特集されます。

番組の中で隠蔽された真相が

明かされるという事なので

犯人の画像・写真が出るのでしょうか?

これまでに出ている噂の中に

真相があるのかもしれませんので

まとめました。

スポンサードリンク

マレーシア航空370便行方不明事件

マレーシア航空370便は2014年3月8日

午前0時41分に乗員合わせて239人を

乗せてクアラルンプール国際空港を

北京首都国際空港に向けて出発しました。

同着予定は3月8日午前6時30分です。

370便は離陸から50分後

飛行空域を担うスバン空港の管制当局との

通信を最後に交信が無くなりました。

この時点では救難信号は出されておらず

またレーダーによると航路を外れ

南に向かっているようでした。

そのため出発地に戻ろうとしていた

と考えられました。

捜索はベトナム人民空軍により

行われましたが発見できませんでした。

事故より約2週間経過しても

行方不明機が発見できませんでした。

そして衛星情報を解析した結果

インド洋南部に墜落したと公式発表しました。

残骸の発見

2015年7月29日

フランス領レユニオンにて航空機の

残骸とみられる部品が発見

2016年3月21日

南アフリカで搭載されていたエンジンの

破片を発見。

2016年6月頃

モザンビーク、モーリシャス、マダガスカル

等で残骸が発見されています。

2016年9月頃

マダガスカル南東部のサントルース近郊で

残骸が焼け焦げた状態で

漂着しているのを発見。

2017年1月

残骸をこれ以上発見することが

困難と判断され捜索は打ち切りとなる。

出典:https://ja.wikipedia.org/

スポンサードリンク

マレーシア航空370便行方不明は1番だけが知っている?犯人画像や真相・噂のまとめ

航空事故史上1番の未解決事件の真相に

1人の日本人が辿り着いた?

各国の大捜索が行われても機体を

発見することが出来ていません。

事故なのか?テロなのか?

一番だけが知っているで日本人が

辿り着いたという真実が公表されます。

これまでに原因とされた内容は?

機長が乗員乗客を道連れにした

大量殺人事件説

マレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かっていたボーイング777型機が忽然と姿を消した事件は世界中を困惑させた。大がかりな捜索もほとんど無に帰していたのだが、専門家グループは今、機上で何が起こったのかを解明したという。

2年間に及ぶ調査の指揮を執ったマーティン・ドーランを含む専門家5人は、オーストラリアのテレビ番組「60ミニッツ」に出演。機長のザハリ・アフマド・シャーは無理心中を計画し、予定通りに事が運ぶようすべてを考えつくしていた、と言った。

Newsweek

カンボジアの森の中墜落説

英紙「Daily Star」(2018年9月3日付)など複数メディアによると、技術者のイアン・ウィルソンという人物が同紙にMH370便らしき物体を発見したと情報を提供してきたという。ウィルソン氏は、グーグルマップを使いMH370便の行方を追跡していたところ、MH370便に使用されていたボーイング777-200にそっくりの機体がカンボジアの森の中に落ちているのを発見。

exciteニュース

戦闘機が接触していたという説

マレーシア空軍の戦闘機がマレーシア航空370便を妨害するために出撃したのです。

exciteニュース

機長が事件を起こした説がありました。

その人物とはザハリエ機長です。

マレーシアの警察当局は

ザハリエ機長が唯一の容疑者として

調査を進めてきましたが

犯人と断定するには至っていません。

犯人と疑われたザハリエ機長の

写真がこちらです。

出典:https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク

マレーシア航空370便行方不明は1番だけが知っている?犯人画像や真相・噂のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • マレーシア航空370便行方不明事件残骸の発見
  • マレーシア航空370便行方不明は1番だけが知っている?
  • 犯人画像や原因とされた内容は?

マレーシア航空370便に関する

新情報発見という話は過去に

沢山出ていましたが

結局のところ真実は分かっていません。

今夜放送される1番だけが知っているで

どんな情報が出てくるのか楽しみです。

番組内で真実を語ってくれた

杉江弘さんの記事はこちら。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする