ジェイミーが13歳で誘拐・監禁された動機はストーカー?少女の現在を画像で【逆転スクープ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2020年2月15日の超逆転スクープ5では

13歳少女vs謎の殺人鬼が特集されます。

ジェイミー・クロスが誘拐され88日間も

監禁されたのですが犯人の動機はストーカー?

家族を失い悲しみを抱える少女の

現在の姿(画像)を追ってると

叔母に引き取られ新しい人生を歩んでいました。

この記事では

実際に911にコールされた時のやり取りと

現場に向かう警察車両のカメラに

犯人のピックアップトラックが写った動画も

紹介しています。

スポンサードリンク

ジェイミーが13歳で誘拐・監禁された動機はストーカー?

ジェイミー・クロスが13歳の時の事件が

一体どんなものだったのかまとめてみました。

2018年10月15日にアメリカ・ウィスコンシン州の

バロンと言う町で悲劇が起きました。

犯人のジェイク・パターソンは

黒いコートにスキー用のマスクを装着して

ジェイミーがいる家に押し入りました。

まずはショットガンで父親を撃ち

家中を調べると

浴室のドアにカギがかかっていることに気付いたので

ドアを破壊し中に入りました。

この時にジェイミーの母親が911に電話し

警察に助けを求めようと思いましたが

犯人が浴室に侵入するのが早く

助けを求める余裕がなかったのですが

通話中なので母とジェイミーの悲痛な叫び声と

騒ぎが聞こえてきました。

犯人は母親を撃ちジェイミーを外に連れ出し

車のトランクに詰めて逃走したのです。

この時の様子が動画で公開されていています。

動画は警察車両とすれ違う犯人の車と

犯行に使われた車を捜査しているところです。

4秒~40秒あたりまでは画面は真っ暗です。

街灯のない所に警察車両を止めているせいです。

スポンサードリンク
こちらの動画は音声のみです。

2018年10月15日の犯行があった日に

母親から緊急電話があった時の音声です。

パニックになっている様子が確認できます。

誘拐された後の捜査は?

ジェイミーが誘拐されたことは明白で

警察は情報提供料として5万ドルの懸賞金をかけ

懸命の捜査を行いましたが

ジェイミーがどこにいるのか発見できませんでした。

捜査は警察だけでなく

ボランティアも駆り出され懸命に探しましたが

見つかっていません。

ジェイミーは犯人の自宅で監禁されている間は

部屋から外に出ることを許さず

周囲に人がいないときにだけ

庭を歩くことを許されるという

酷く辛いものでした。

犯人の家を訪れる客人もいたようですが

その時はベッドの下で身動きをしないように

厳命されており

逃げ出すチャンスはなかなかありませんでした。

犯人はジェイミーに性的な想像を持っていたようですが

ジェイミーの両親を撃ったことによる

罪悪感により手を出すことが無かったと語られています。

逃げ出した方法は?

ジェイミーが監禁されて88日目に

ついにチャンスが巡ってきました。

ジェイミーは監禁されている間に

犯人の行動パターンを分析していて

2019年1月10日がチャンスの日だと考えたのです。

そうして犯人の家から脱出し

隣人に助けを求めたのです。

そして警察に通報し

ジェイミーは無事に保護され犯人は逮捕されました。

スポンサードリンク

犯人はなぜジェイミーを誘拐した?

犯人であるジェイクは21歳の時に

ジェイミーを誘拐したのですが

幼女に何か特別な感情があったのが理由でしょうか?

ジェイミーがスクールバスから降りたところを

犯人が偶然見かけた時に

自分が連れていきたい女の子

と気付いたことから誘拐したようです。

そこからジェイミーの行動をチェックし

誘拐する機会をうかがうとこ3回。

その3回目が運命の2018年10月15日だったのです。

犯人とジェイミーの両親の接点ですが

2015年に1日だけ両親が働く七面鳥の加工工場で

一緒に働いたことがあるようですが

お互いが認知していたのかは不明です。

ジェイミーの現在の画像は次のページで!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする