小野田勇次がマスクマン?山の神が富士山を箱根駅伝の区間新の実力で下る【7月6日体育会】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年7月6日の炎の体育会

小野田勇次さんが今回のマスクマン

という事で話題になっています。

箱根駅伝区間新を出して

山の神と呼ばれる男が富士山を下る

というのが今回の勝負です。

マスクマンの正体は誰なのか

わくわく楽しみながら

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

小野田勇次がマスクマン?

プロアスリートがマスクをかぶり

一般人のアスリートと対決する企画は

毎回好評ですよね。

一般人とはいえ優れた選手たちを相手に

ハンデを与えて対決するのを

マスクの下は一体誰なんだろう?

とワクワクしながら見ています。

マスクを被るのもランナーにとっては

大きなハンデだと思うのですが

今回はどのような戦いが繰り広げられるのか

気になるところです。

小野田勇次さんはどんな方なのか

プロフィールをまとめてみました。

出典:https://hochi.news/

氏名:小野田勇次

生年月日:1996年9月3日

年齢:22歳(2019年7月現在)

出身校:青山学院大学

勤務先:トヨタ紡績

2015年4月に青山学院に入学し

原晋監督の下で確実に実力を伸ばした

選手です。

箱根駅伝で青山学院大学4連覇という

大記録を達成するのに貢献した

一人といっても過言ではありません。

2019年の第95回箱根駅伝で

4年連続の6区を担当しています。

6区は山下りになるのですが

史上初の区間記録57分台を

ただき出したのです。

過去3年間も区間59分を切っており

こちらも史上初の快挙として

当時は大きく話題になっていました。

この快挙をたたえ

小野田勇次さんを山下りの神として

呼ぶようになったのです。

今回のマスクマンのヒントは

  • 箱根駅伝4年連続出場
  • 区間賞をたたき出した人物
  • 下りの神

となっています。

これらのヒントは小野田勇次さんの

記録に沿う内容ですよね。

なので7月6日のマスクマンは

小野田勇次さんで間違いなさそうです。

スポンサードリンク

小野田勇次が山の神で富士山を箱根駅伝の区間新の実力で下る?

小野田勇次さんの実力について

お伝えさせていただきました。

箱根駅伝の6区を4年連続で担当し

卒業する年には

区間新記録である57分台を樹立したのは

素人の私でも凄さは分かります。

山の神と呼ばれるのも納得です。

今回の戦いの舞台は富士山で

5合目からの1000mを下る対決です。

番組紹介シーンでは

マスクマンが挑戦者を捕らえておりましたが

これがゴール目前なのか

はたまた半分なのかわかりませんが

白熱した戦いになっているのは

予想が出来ます。

白熱した戦いといっても

一般人のアスリートが

山の神に勝てるとは思えないです。

7月6日の炎の体育会

神と呼ばれた男が

富士山の下りレースで衝撃の走りを

見せてくれます。

箱根駅伝区間新の実力ならば

相当なハンデがなければ

対決にならないのではないか?

と思います。

どんな結末が待っているのか楽しみです。

スポンサードリンク

小野田勇次がマスクマン?山の神が富士山を箱根駅伝の区間新の実力で下る【7月6日体育会】のまとめ

今回は次のようにまとめてみました。

  • 小野田勇次がマスクマン?
  • 山の神が富士山を箱根駅伝の区間新の実力で下る?
  • 7月6日の炎の体育会

7月6日のマスクマンは

ヒントや小野田勇次さんの実績を見ると

間違いなさそうです。

あとはどんな戦いになるのか

勝敗の行方が気になるばかりです。

放送まで楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする