まいたいむ(舞待夢)・古民家カフェは新潟のどこ?営業時間とメニューは?(人生の楽園)

スポンサーリンク

12月1日放送の「人生の楽園

古民家 味わいカフェ~新潟・柏崎市という企画で

築150年の古民家を改装し、カフェをオープンした

夫の藪森康二さん(66歳)と妻の美子さん(65歳)

が夫婦で登場します。

引用元:https://rongkk.com

古民家は生活するのには不便ですが

私も興味があり憧れがあるので

どんなお店なのかな?

どんな夫婦なのかな?

と気になったので調べてみることにしました。

最後までお付き合いください。

スポンサードリンク

古民家カフェの名前は?

今回、舞台となるお店は舞待夢というお店です。

どんなお店なのか、まとめてみましたので

ご覧ください。

舞待夢

引用元:http://maitaimu.com/

店名:舞待夢(まいたいむ)

住所:新潟県柏崎市西山町別山5944

電話番号:0257-47-3511

営業時間:11:30~17:00

(ランチタイムラストオーダーは14:30)

17:00以降は予約があれば営業してくれるそうです。

営業日:木・金・土

駐車場:有

公式サイト:http://maitaimu.com/

店内は改装したとはいえ

古民家の良さを残しているので

ゆったりとした時間を過ごせると思います。

店長は美子さんではなく

トイプードルのプーちゃんです。

引用元:http://maitaimu.com

ちなみに舞待夢は柏崎市のwebサイトで

紹介されるくらい地元の人達に愛されている

お店なんですよ。

カフェは美子さんと女性スタッフ4名で

切り盛りしています。

康二さんは店周りの草刈などの

建物の維持、メンテナンスをされています。

どんなメニューがあるの?

お店で使われる食材は

敷地内や近隣・魚沼市の山中で多くの野菜を

スタッフと共に育てているそうです。

有機無農薬野菜を主として使っているので

体にも優しいです。

自分たちの手で野菜を作っているという事と

無農薬野菜っていうのがいいですね。

食に対して安心感があります。

ちなみに無農薬で育てた野菜は

エグミがなく甘い味なので

野菜が苦手な子供でも食べやすいと思います。

カフェメニューは

山野草天ぷらそばセットや津軽鶏の塩麹セット等に

単品メニューを合わせると10種類以上。

値段は

単品が300円~

セットが1000円~

となっています。

予約メニューは御膳となり3種類用意されています。

値段は2,000円~です。

ドリンクはアルコール、ソフトドリンクと

豊富に用意されています。

スポンサードリンク

オープンするまで

藪森さん夫婦は元々は栃木県宇都宮市の生まれで

中学の同級生だったそうです。

美子さんは小学生のころから古民家に

憧れを持っていました。

そんなお二人は23の時に結婚し

新潟県長岡市に住むようになりました。

旅行が好きでよく行かれてたのですが

その際、古民家もよく見てたとのこと。

旅行のついでに古民家を見てたのか?

古民家を見るために旅行してたのか?

きっと後者が正解でしょうね。

結婚から31年も経った54歳の時に

理想の古民家を見つけることが出来ました。

その古民家というのが、後のお店です。

ところが購入の3か月が過ぎたころの

2007年7月16日に中越沖地震が発生。

古民家の倒壊は免れましたが

大きなダメージを受けてしまいます。

古民家を愛する美子さんは

この家は絶対に取り壊してはいけない

という強い思いからローンを組み

5年の歳月をかけて修復し

2012年6月に古民家カフェ「舞待夢」を

オープンすることが出来ました。

テレビに出演!!どんなことを語るの?

気になる内容は次ページへ

スポンサードリンク

人生の楽園

12月1日放送の人生の楽園で

築150年の古民家をリフォームしカフェとして

オープンさせた藪森さん夫婦が登場します。

30年越しに見つけた理想の古民家。

中越沖地震で大きなダメージを受けるも

古民家の良さを皆に伝えるために

取り壊すことなく5年の歳月をかけ修復。

食事は女性スタッフが丹精込めて作る

野菜を使用し強いこだわりを見せています。

当日の放送では

店内の様子はもちろんのこと

夫婦の古民家に対する思いなど

いろいろなことを話されるんでしょうね。

当日の放送が楽しみですね。

まとめ

古民間をリフォームしてカフェとして

オープンさせたお店を紹介させていただきました。

私自身、古民家にも興味があり(住むのは難しいかな)

お二人の古民家に対する気持ちは

きっと共感できるものだと思います。

新しいものは新しいもので魅力もありますが

古民家は新しいものには出せない

時間をかけて作り出した雰囲気が

最大の魅力ですよね。

奥様のやりたい!という事に対して

陰ひなたから応援するご主人の姿が

とても素敵で羨ましいです。

藪森さん夫婦の魅力も

古民家に負けないくらい

素敵なものだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする