新浪博士の経歴は?ミャンマーで心臓外科医として治療する理由は?【世界ナゼ】

スポンサーリンク

こんにちはMaruです。

2019年4月22日に世界ナゼそこに日本人

放送されます。

今回特集されるのはスーパードクターの

新浪博士先生です。

新浪博士先生の経歴は?

なぜミャンマーで心臓外科医として

治療しているのか理由を調べました。

スポンサードリンク

新浪博士の経歴は?

今回の世界ナゼそこに日本人で

特集されるのは新浪博士先生です。

1年間で20万人が命を落としている

言われている日本人の死因・心臓病。

新浪博士先生はひとりでも多くの患者の

命を救うために活躍する心臓外科医です。

そんな新浪博士先生の経歴を

まとめてみました。

出典:https://www.chichi.co.jp/

氏名:新浪 博士(にいなみ ひろし)

生年月日:1962年

年齢:57歳(2019年4月現在)

出身:神奈川県

出身校:横浜翠嵐高校

群馬大学医学部

東京女子医科大学大学院

アメリカのウェインステート大学や

オーストラリアのアルフレッドホスピタル

などに留学経験があります。

参照元:医療新聞

素晴らしい経歴を持つ新浪博士先生ですが

幼少期は内向的な性格で

外で遊ぶよりも自宅でプラモデルを

作るのが好きだったそうです。

そんな新浪博士先生が外科医を志したのは

映画やテレビドラマの白い巨塔

財前五郎に憧れたからだそうです。

新浪博士先生は当時順天堂大学の

天野医師と共に働いたことで

大きく成長することが出来たと

おっしゃっていました。

新浪博士先生はある言葉をよく

口にするそうです。

手術は数こそ質である。

心臓の手術は日本では年間6万件。

そして専門医は2000人なので

専門医1人が行う手術は年間30件の

計算になりますが

新浪博士先生が行う手術の数は

年間200件になります。

数こそ質であると語る新浪博士先生の

一人平均7倍もの手術例が

とても凄いというのは私にも分かります。

出典:https://www.jmnn.jp

ミャンマーで心臓を治療する理由は?
次のページで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする